ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2013/05/10(金)

2期生の旅立ち


 ヘルスプロモーション整復学科の牛島です。

 先月、2年から4年までの3年間担任をさせていただいた2期生が、柔道整復師としての一歩を踏み出しました。彼らには、それではいけないと厳しく叱ったこともあれば、誰よりも誇りに思うと褒めたこともあります。大学での4年間は、皆さんが考えている以上に「あっという間」なだけでなく、皆さんが考えている以上に、外から見えない部分で成長を遂げます。

 2年では、「大学生にしかできない遊び、に挑戦すること」とよく言いました。週末などにボーリングに行き、居酒屋に行き、カラオケにいく、のは「遊び」ではなく「息抜き」でしかありません。例えば、10か月アルバイトでお金をためて、春休み1か月間海外にスノーボードに行く、など何かに思いきり打ち込んで「遊ぶ」、大学生ならではの経験です。

 3年では、「将来に向けて何か挑戦すること」とよく言いました。柔道整復師として、あるいは健康運動の指導者として、どんな「職人」になりたいのか、そのために学ぶべきこと、経験しておくべきことを貪欲に追求して欲しいと思っていました。

 4年では、「興味を持ったことを、卒業後もより深く追求できる職場を見つけること」とよく言いました。それができれば、自然に国家試験に向けて勉強できるはず、だからです。ただ、最上級生となった彼らの中に、国家試験それ自体をゴールにしてしまった者が多くいた事が、3年までの私の指導が彼らの心に響いていなかった結果のように思えて、今も心苦しく思います。

 4年間の勉強の集大成として「国家試験に合格すること」はとても大切なことですが、国家試験に合格した後、一人の施術者として「その後どんな経験を積み重ねるか」はもっと大切なことです。特に大学は、「教科書に書かれている方法よりも、このやり方のほうがうまくいった」というようなことが正しいかどうかを検証する、という社会的な役割もあります。卒業生はここを巣立ったあと様々な経験をして、それぞれの経験を大学にフィードバックして欲しい。別の言い方をすれば、こんな経験をしたよ、と私たちここに残る教員に、卒業生のほうから「教えて」欲しいのです。

 資格取得は専門家としての人生のスタート、私と2期生の付き合いも、新しいステージが始まりました。少し寂しくもありますが、彼らがまたいつかここに顔を出してくれる日を楽しみに、これからも頑張ろうと思います。
ヘルス写真0509-2.jpg

このページのトップへ

Now-Loading...

Back Number

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

関西医療大学

お問合せはこちらまで info@kansai.ac.jp