ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[保健医療学部 臨床検査学科]

2013/05/17(金)

はじめまして


 臨床検査学科の鍵弥です。
 わたしはこの4月から教員になった新米の教員です。1ヶ月ほど経ちますが、まだ何も教えてはいません。来年からは講義も始まる予定ですので、講義や実習の準備をしている...いや、しようとしている状態です。
 私が臨床検査技師という職業を知ったのは高校のとき。進路指導の一環で配布された資料の図―なりたい職業になるには大学や専門学校を選ぶときに決めなければいけない、例えば臨床検査技師になるには国家試験の受験資格のある学校にいかなければならない、それには大学、短大、専門学校の選択がある...という図でした。画数の多い名前にひかれ、白衣を着て実験しているような仕事に興味がわきました。
 この学校に来る前は、臨床検査技師として検査検診センターで勤務していました。臨床検査は範囲が広く、分野がいくつにも分かれています。各々の分野で専門性が高く、マスターするには時間と経験が必要です。そんな多くの分野をカバーする検査技師、4年間の間に講義と実習を受けて国家試験に合格すればどの検査もかかってこい!の検査技師になれる...はずはありません。卒業し、就職してからも勉強を続けなければ決していい臨床検査技師にはなれません。しかし臨床検査の仕事は楽しい。これは本当です。いつも同じ単調な仕事に思えることもありますが、検査しているのは常に違う検体や患者さん。発見は常にあります。そんないい臨床検査技師の仲間を増やすため、教育の現場でがんばっていきたいと思っています。


このページのトップへ

Now-Loading...

Back Number

2013年

関西医療大学

お問合せはこちらまで info@kansai.ac.jp