ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2012年4月アーカイブ

2012/04/27(金)

看護の専門性


保健看護学部 保健看護学科 矢部絵里奈

 現在、大学の進路について考えている方も、そして看護学を学んでいる学生の方も、きっとこのことを考える時がやってくると思います。
 それは、「プロフェッショナル」についてです。
 私自身、大学生であった時も看護師や保健師をしていた時も、そして今もプロフェッショナルとは何かを考え続けています。他職種の方も職業人としてあり続ける限り、同じであろうと思います。
 看護学は実学です。考えることだけでなく、実際に現場に生かしてこその学問です。そこに強みがあり、また一方で学問として成立するだけの科学性が必要です。
私自身、看護の幅の広さに圧倒され、学ぶべきものの多さに愕然とし、そして臨床に出てからは、必要とされる業務に、その専門性がぼやけてくるときもありました。しかし、国際ボランティアを通じて、途上国の保健資源の配分に興味を持ちました。その後、大学院で学ぶことで、看護の視点を持ちながら健康問題に取り組むこと、そして学び続けることが、私なりの「看護の専門性」を高めることになるのだと思えるようになりました。
 まだまだ、その入口に立っている私ですが、この大学にはすばらしい諸先生方がおられ、刺激を受けることができます。みなさんも看護学の可能性を感じることができる大学だと思います。そして私もそのことをみなさんに伝えていきたいと思っています。
 大学で学んだことを職業に直結させることができるのは、素晴らしいことだと思います。4年間、たくさんのことを学び、感じ、考え、そして何事にも真摯に取り組む姿勢を大切にしていけば、プロフェッショナルとして活動していくための道が見えてくるのではないでしょうか。


ブログ写真(火村先生)0427.jpg

2012/04/20(金)

一期生が卒業しました。おめでとうございます。



 みなさんこんにちは。関西医療大学ヘルスプロモーション整復学科(HPS)の井口です。

国家試験合格率100%!!

ブログ写真(井口先生)0420.JPG

 彼等、彼女等はやってくれました。本当によく頑張りました。
 入学したときは、どうなるかと思う位勉強が苦手?という以前に勉強の仕方すら解らないなんていう学生も多々おりました。「何とかなるよ」「大丈夫、大丈夫」が口癖の彼等でした。これは、誰かが全て何とかしてくれる。誰かが国家試験に合格(うか)らせてくれるという他力本願で、他人のせいの現れだったのです。
 しかし、先生方の絶え間ない4年間の指導の甲斐もあり、勉強だけでなく物事に主体的に取り組める立派な大人に成長してくれました。1期生というのは、お試し期間みたいなもので、教員がこうした方が良い、ああした方が良いと考えたことを実践する教育の場でした。そういう意味では一期生たちは犠牲者かも知れませんね。でも、一期生の先輩たちは、文句を言いながらもよく乗り越えてくれました。2期生、3期生、4期生、5期生も先輩に習って必ず乗り越えてくれると思います。
 関西医療大学には担任制度というシステムがあり、連絡、指導から相談事など学生生活全般に係わるフォローが出来るようになっているので、安心して学生生活を送ることが出来ます。
 機会がありましたら一緒に勉強しましょう。

2012/04/13(金)

理学療法学科で学べること

理学療法学科教務部長 鈴木俊明


 みなさん、こんにちは。理学療法学科教務部長の、鈴木俊明です。
 さて、このブログを見てくださっているみなさんは、どんな人でしょう。理学療法に興味を持っている人、「理学療法・理学療法学科ってなに?」と思っている人、そして「絶対、理学療法士になる!!」と決心している人・・・。そうです。理学療法学科は、「理学療法士」という国家資格を目指す学科です。そして、関西医療大学保健医療学部理学療法学科は、国家試験合格を目指すだけでなく、「理学療法士」となって運動が困難になった患者さんのリハビリテーションを担うとき、患者さんを「治せる人」すなわち「治せるセラピスト」を育てる学科です。
 理学療法学科のある養成校(大学・専門学校)は、日本全国津々浦々に、たくさんたくさんあります。そして、それぞれの養成校では、理学療法に関わる様々なことが学べます。では、本学理学療法学科ではどんなことが学べるでしょうか。その特徴についてご説明しましょう。大きな特徴が3つあります。

  1. 大学に附属診療所がある! 本学には附属診療所がありますので、1年生の時から実際の理学療法臨床の場面を見学することができます。そのメリットを活かして、臨床に応じた教育をおこないます。
  2. 臨床実習が充実している! 学外での臨床実習期間を、他の養成校より長期に設定しています。臨床実習で、たくさんの経験ができるため、卒業後に即戦力として活躍できる人材を育てることができます。
  3. 教育スタッフは、みんな一流の研究者! 臨床実習教育の充実はもちろんのこと、教員はそれぞれ特徴的な研究をしており、その成果を教育に反映させています。4年生では、全員がゼミに所属して研究をおこないます。常に、理学療法臨床と、理学療法効果の研究を意識した学習によって、理学療法の臨床における疑問点、問題点を解決できる研究心の高い臨床家を育てます。

 さて、いかがですか。1~3の特徴すべてが、本学理学療法学科の目指す「治せるセラピストを養成する」に直結しているのです。
 新入生のみなさん、あこがれの「理学療法士」「治せるセラピスト」を目指して、我々と一緒に頑張りましょうね。
 そして、これから理学療法士を目指すみなさん、一緒に頑張れる日を楽しみにしています。

2012/04/06(金)

鍼灸師(はり師・きゅう師)をめざそう。


はり灸・スポーツトレーナー学科 学科長 楳田高士

 皆さんは鍼(はり)や灸(きゅう)のことをどれほど知っていますか。「鍼」や灸に使う「もぐさ」を見たことはありますか。
 私は32歳まで全く鍼灸については知りませんでした。大学病院の麻酔科に勤務していた時、鍼で麻酔ができるというニュースが飛び込み、それがきっかけで鍼治療の存在を知り、関西鍼灸柔整専門学校(現関西医療学園専門学校)で鍼灸を学びました。当時、最も驚いたのは、紀元前の書物に経穴(ツボのことです)に「心兪」「肺兪」「腎兪」など臓器の名前がすでに含まれていたということです。「小腸兪」、「大腸兪」「膀胱兪」「肝兪」「脾兪」など、誰がどうして名を付けたのでしょう。「画期的」なことだと思いませんか!今もこの文字を使っています。
 さて、鍼灸師の正式名称は「はり師」と「きゆう師」で、2つの国家資格を持つ医療人です。鍼灸は中国起源の医術ですが、奈良時代に日本に伝わってから約1300年、日本の風土・人・文化に適応した鍼灸に変遷してきました。鍼灸は人間が本来持つ力(自然治癒力)を高めて病気の予防に、また健康保持のために引き継がれてきた叡智の集積した伝統医療です。鍼灸治療の適応範囲は幅広く、小児から老年まで様々な疾患・症状に対して治療が行われ人々に支持されてきました。    
 近年、社会・経済・文化が急速に発展し、さらに高齢化社会となり、人々の疾病構造も大きく変化してきました。現代医学の進歩はめざましく、多くの疾患に有効であるとされていますが、まだまだ有効な治療法が見つかっていないものや、疾病治癒が困難な場合も多くあります。これからは多彩な症状・複雑な疾病に対し、現代医学と東洋医学を統合した統合医療が理想の医療とされ、特に東洋医学の鍼灸治療が注目を集めています。
 鍼灸の魅力は、体表にある経穴(ツボ)に微細で心地よい鍼灸刺激を与えることで自然治癒力を高めて健康を回復・維持する効果を持っていることです。
 鍼灸の効果や作用については、現代科学の視点から疼痛緩和作用、自律神経調節作用、免疫力増強作用、血流増加作用など多くのことが徐々に解明されてきており、鍼灸治療が大きな医療機関などでも行われつつあります。
 鍼灸師と病院等で働く他の医療職と異なるところは、医師の指示ではなく病苦をもつ患者さんに東洋医学のエキスパートとして直接鍼灸治療を施すことができる点です。患者さんの病苦がなくなり元気になっていく過程を直接肌で感じ、患者さんと共に喜びあえるという医療人として最高の職種です。
 鍼灸は中国や日本といったアジア諸国だけでなく、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランスなど欧米の国々でも現代医学を補う補完・代替医療のひとつとして脚光を浴びています。関西医療大学で鍼灸師となって社会に役立つ医療人になりませんか。また国際的に活躍できる鍼灸師になってみませんか。

ブログ写真(楳田先生)0406.jpg

2012/04/06(金)

ブログリニューアル

教員ブログをリニューアルしました。

このページのトップへ