ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2012年1月アーカイブ

2012/01/27(金)

臨床現場で実感した人の"気力"


百合邦子

 みなさんこんにちは。今回は、私が臨床現場において実感した、人の "気力"についてお話ししたいと思います。
 一昨年の2010年秋頃から2011年夏辺りまで不妊症の方を治療していました。病院で不妊治療を受けていたのですが、鍼灸治療も良いということを聞き、併用したいとのことでした。問診、舌診、脈診、腹診による総合的な診断の結果、身体の冷えが顕著であったことから、冷えを改善し元気な母体作りにむけて体調を整えることを目的に鍼灸治療を行いました。ご自宅ではご主人の協力のもと毎日お灸を続け、努力の効があり見事妊娠されました。現代においては結婚年齢が高くなってきていることや、様々な社会的要因により不妊で悩んでいる方も多く、最近はこうした症状に鍼灸治療が奏効した例が専門の雑誌に紹介されています。
 また、こんな方もいらっしゃいます。癌を患って手術を受けたのですが、癌転移のため、数日後に再度手術を受けるという方です。その時は本人の希望もあり、癌による疼痛の緩和を主とした鍼灸治療を行いました。穏やかな印象を与える方でしたが、半年後に自分の仕事である「舞台に立つ」という目標を設定し、その実現のために頑張っていました。聞くところによると、余命宣告から何年か経っているとのことでした。
 以前読んだNHKの人間講座・生きる意味で、『夜と霧』を書いたフランクルのことが紹介されていました。『夜と霧』は第2次世界大戦中のドイツのユダヤ人強制収容所、アウシュビッツでの出来事が書かれています。作者のフランクルはユダヤ人の精神科医であり、アウシュビッツ生存者の一人です。人間講座ではアウシュビッツで生き残った人の多くは、自分を待っている"何か"がいたとのことでした。その"何か"は人でも物でも事象でも何でもよいのですが、つまりその"何か"がその人の生きる"気力"になった、とのことです。
 鍼灸治療は患者さんと対話しながら時間をかけてその方に則した施術を行います。私もこれまで、様々な方の治療を担当し、その都度、様々な事を学んでいます。今回は、人の"気力"の素晴らしさを心底実感した二人の患者さんの症例を紹介しました。なお、写真は私自身が本学から見た空を撮影したもので、"気"をイメージしました。

百合先生ブログ写真.JPG


2012/01/20(金)

大人って何でしょう?


皆さん初めまして、こんにちは。
保健看護学科の兒嶋 章仁です。

未曾有の大震災から、初めての新年を迎えました。
今もなお、避難所や仮設住宅での生活を余儀なくされておられる方も多く、被害にあわれた方々には、あらためて心よりお見舞い申し上げます。

さて、いよいよ保健看護学科も完成年度を控える中、今年も成人の日を迎え、本学学生の半数以上が法律上の成人ということになりました。

では、成人とは何でしょう。
満20歳という年齢を越え、一般には、喫煙や飲酒ができ、選挙権が得られます。
しかし、ただそれだけでしょうか?
広辞苑によると、「成人」とは「成年に達すること」のほかに、「幼い者が成長すること」と記されています。

皆さんは、ドッジボールや鬼ごっこに明け暮れていたあの日から、高校生気分も抜け切らないまま大学の門戸を叩いたあの日から、自分の成長を実感できているでしょうか?

私が成人式を迎えた日から10余年の月日が流れました。
毎年恒例のように悪ふざけやドンチャン騒ぎをする成人式が報道されていますが、特に新成人を迎える方々には、ひとつ自分の行動に責任をとれる人間になってもらいたいと思います。

これまで、幼き日の悪戯や思春期の身勝手な行動には皆さんのご両親が様々な責任を負ってきたことでしょう。
しかし、今後は法もが、そうはさせてくれなくなってしまいます。

本学学生をはじめ、医療従事者を目指す者にとって、自分の行動に責任を持てずして人命を預かることはできません。
大学は、礼儀作法を教えるところでも義務教育の場でもありません。
法の定める単なる成人ではなく、本当の大人になれるよう、大学生活の中では、勉学のみならず人としての成長に自発的に努めてもらいたいと望んでいます。
と、偉そうなことを言ってみたものの、自分もまだまだ志半ばの未熟者。ともに頑張りましょう(汗)。

2012/01/13(金)

今年HPSで経験した心に沁み入る出来事


 こんにちは、ヘルスプロモーション整復学科の准教授の五十嵐純です。今回はヘルスプロモーション整復学科で経験した、健康運動実践指導者の試験の時の出来事について話してみたいと思います。
 ヘルスプロモーション整復学科は、柔道整復師の資格をベースに健康運動指導の知識と技術を身につけることにより、健康づくりのプロフェッショナルとして活躍できることを目指しています。そのため取得することのできる資格として、①柔道整復師、②健康運動実践指導者、③スポーツプログラマーが用意されています。そのなかの、健康運動実践指導者は大学3年生のときに受験することができ、昨年度の合格率は全国平均が69.8%のところ、関西医療大学は96.2%でトップクラスでした。
 今年の3年生達も先輩達に追いつけ追い越せの精神で、試験にのぞみました。試験は11月下旬の実技試験と12月中旬の筆記試験の2回行われました。実技試験は水中運動またはエアロビックダンスのどちらかを選び、2分間のレジスタンス運動と3分間の有酸素運動の計5分間の指導・実演を行う方式でした。2年生の時にみっちりと練習を行い、実際の実技試験に即した試験に合格していても、1年も経ってしまうと忘れたり動けなくなったりしてしまうものなので、約1ヶ月前からもう一度やり直しの練習を始めました。実技担当の先生方も補講を行ってくださり、はじめは調子が出ずにとても試験に合格できるレベルではなかった学生が、だんだん動けるようになり、試験直前にはほとんどの学生が上手に指導・実演のできる状態になって行きました。
 実際の試験の日、私たち教員は試験場まで行き、学生が本来の力を出せるよう最後のアドバイスを行いました・・・・。
 そんなこんなで、その後の筆記試験も無事終わり、筆記試験会場から出てきたときにあれこれ話を聞いてみました。実技試験の練習が大変であったこと、筆記試験の勉強が間に合わなかったこと、予想通りの問題が出ていたことなどを、時には悔しそうに、時には楽しそうに話してくれました。その言葉を聞きながら、私の目には学生達が一回りも二回りも大きく生長したように見えました。
 目標に向かって努力することは素晴らしいことだと思います。また、その結果、資格の取得に結びつくのだとするとこんなうれしいことはありません。また、そのことに少しでも力を貸すことができれば教師冥利に尽きるというものです。
 学生にとって、今回の受験がこのことを学ぶ良い機会になったと確信しています。来年の柔道整復師の国家試験合格に向け良い弾みがつくといいですね。


ブログ写真(五十嵐先生)トリミング済.JPG

2012/01/06(金)

神経疾患理学療法の意義


 こんにちは。理学療法学科の米田です。
 前回の谷埜講師のお話に続いて難しい話題ですが、今回は「神経疾患理学療法の意義」についてお話したいと思います。「神経疾患」っていわれても、ピンとこない方も多くいらっしゃると思いますので、まずは「神経疾患とは何か」について説明したいと思います。
 「神経」は、大きく分けると「脳」や背骨の真ん中を通り、脳に続く部分である「脊髄」といった「中枢神経」と、脊髄から出る「末梢神経」に分けられます。これらの神経の多くはヒトの運動をつかさどる筋肉を動かしています。つまり、「神経疾患」とは、神経の働きが何らかの原因で損なわれることによって、それまで出来ていた運動が正しく行われなくなる病気ということになります。
 中枢神経が障害される代表的な病気として、脳卒中やパーキンソン病、脊髄小脳変性症といったものがあります。また、末梢神経が侵される病気には、筋委縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)やギラン・バレー症候群といった聞きなれない名前のものも含まれます。

 近年では、「神経疾患」に対する優れた検査法や治療法が開発され、以前よりも早期の診断や治療が可能となりました。しかし、その多くは根本的に治すことが難しいとされる難病とよばれる病気が多く、症状が進行する病気です。このことは、年齢を重ねるごとに病気の程度が重くなり、それゆえに運動も悪化していき、立ったり、歩いたりといった簡単な動作ができなくなり、日常生活をおくることが徐々に難しくなります。また、動けなくなっていくことで関節や筋肉が硬くなる「廃用症候群」を患い、さらに一層動けなくなるという場合も珍しくはありません。そのために「神経疾患」に対しては、薬による治療と併用して1日でも長く日常生活を送ることができるように理学療法が必要となります。
 「神経疾患」とよばれる病気はとても種類が多く、どれ一つをとっても、その原因は複雑でさまざまであり、運動が悪くなっていく状況は病気によってまったく異なります。そのために、病気に対する非常に膨大な知識と専門的な理学療法の技術が要求されるため、「神経疾患」を専門とする理学療法をおこなうことは決して容易なことではありません。しかし、こうした専門性を発揮して患者さんの状態を少しでも良くした瞬間に、「神経疾患理学療法」の醍醐味があるのではないかと感じます。

このページのトップへ