ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2011年12月アーカイブ

2011/12/22(木)

スポーツ指導での常識のウソ

 
 こんにちは。鍼灸学科スポーツトレーナーコースの中尾と申します。
 私はアスレティックトレーナーであり、理学療法士でもあります。動作を観察し、問題となる動作や姿勢、さらにはその原因となる身体機能を想起することを得意としています。
 障がいを有している選手に対しては、痛みの有無や部位を確認し、さらにその原因となる動きや身体機能を探し出し、治療することを実践しています。
 「痛みのある部位に対し直接的な治療(対症療法)では、動作を再開すれば痛みは再燃するため、症状(痛み)を生じさせている原因療法に努めなければならない。」という事ですね。
 「言うは易し、行うは難し」ですが、それを諦めてしまっては治療とは言えないと自分に言い聞かせています。
 その思いをもって治療に関わらせて頂くと、肘や肩を痛めてしまった少年野球選手に見られる共通点は、「ケガをしていない少年野球選手およびプロ野球選手には見られない」ことや、「肘や肩をケガしたプロ野球選手は、ケガをした少年野球選手と同じ原因である」ことも多く経験しています。意外とプロの選手であっても基本が崩れればケガに繋がるということであり、ケガの原因は単純であることが多いということですね。
 また、多くのスポーツ指導者とお話をさせて頂きました。その中で共通する部分は「スポーツ指導者は、いま目の前にいる選手の動きの好不調を見つけたり、おかしな動作を見つける事は得意である」ということです。しかし、「どうすればそれが修正できるか」という解決策を持ち合わせていなかったり、「誤った方法を指導している」場面も多く見受けられます。その中で感じたことは、「医療に関わる私たちにとって理解しやすいことであっても、その医学的基礎知識を持っていないスポーツ指導者には見当がつかない」ということです。だからこそ、「チーム内にトレーナーの存在意義がある」のだと。 
 さまざまなスポーツ現場における「スポーツ指導での常識のウソ」を見つけ出し、皆さんと一緒によりよい日本のスポーツ環境の構築に貢献できれば嬉しい限りです。


※教員/卒業生のスポーツ現場に於ける主な実績:12月21日現在(文責:増田研一)

  • 山口由美子講師がトレーナーとして帯同した日本代表女子サッカーチーム(U-19)はアジア選手権にて優勝を飾り、来年開催されるU-20ワールドカップの出場権を得ました。
  • 内田靖之助教がトレーナーとして帯同した関西学院大学サッカー部(B1)はインディペンデンスリーグ2011第9回全日本大学サッカーフェスティバルにて優勝を飾りました。
  • 増田研一教授がチームドクターとして帯同している同志社大学サッカー部は平成23年度関西学生サッカーリーグで準優勝しました。
  • 卒業生の内窪信一郎氏がパーソナルトレーナーとして帯同しているテキサスレンジャーズはワールドシリーズで準優勝しました。
  • 卒業生の木下陽一郎氏/鶴岡哲生氏がトレーナーとして帯同しているJ2サガン鳥栖は準優勝し、初のJ1昇格を決めました

2011/12/16(金)

心に残る症例

深澤 洋滋

 これまで臨床を通じて、様々な疾患に苦しむ患者さんの治療にあたってきました。それぞれの患者さんから多くのことを学ばせてもらえたと感じています。ここでは、その中の1つの症例を通じて考えたことを少し、お話ししていきたいと思います。
 とても快活で紳士的な70代の男性の症例です。ある日、その男性は右手首の母指側に鋭い痛みを感じるようになりました。その痛みは次第に強くなり、患部が腫れてきたため、近くの整形外科を受診されました。診断は、腱鞘炎でした。投薬と湿布剤による治療が行われた結果、腫れはおさまってきたものの、手首や親指を動かすことにより引き起こされる鋭い痛みはなかなか消えず、医師には手術を勧められました。しかし、手術には踏み切れず、医師との相談の上、鍼治療を受けることを選択されました。8回の治療で、痛みが消失し、大変喜んでもらったことを記憶しています。
 実際の臨床では、この様に症状が軽快し、大変喜んでもらえるケースもありますが、なかには、治療を続けるものの、症状に変化がなく、最終的には患者さんが治療を断念してしまうケースもあるのです。
 近年、鍼灸治療への期待の高まりから、多くの専門機関でその治療効果についての検証が行われました。残念ながら現代医療に基づいた検証を行っても、その多くで治療効果に対して明確な有意性を明らかにすることが出来ないという結果となりました。この結果を受けて執筆された本が出版され、鍼灸治療に大きな波紋を投げかけ、私自身も深く考えさせられました。
 医療をはじめ、治療を行うことは常に患者さんにとって最善でなくてはなりません。また、他の治療を受ける機会を奪うものであってもいけません。先ほどの症例のように鍼灸治療により症状の改善が見られる場合もありますが、鍼灸治療を優先させるあまりに、他の治療法を受ける機会を奪うことがあってはいけないのです。今後は、どのような治療を受けてもらうことが今の患者さんにとって最善であるかを、より正確に見極めることが私達に求められるようになると思います。そのため、これまで報告されている様々な臨床・基礎研究をもとに東洋医療と現代医療が互いに補い合える分野についての理解を深めることが必要となるでしょう。まさにこれが本学の目指す統合医療の姿であり、現代医療では十分対処できない部分に対して補完的に治療を進め、患者さんに寄り添った治療を行うことが、私達に求められる姿なのかもしれません。


挿入写真(深澤).jpeg

2011/12/09(金)

はじめての看護学実習


 こんにちは、基礎看護学の演習と実習を担当している喜多です。

 もう12月となり、風も冷たく、落ち葉が舞う寒い時期がやってきました。本学保健看護学科の1年生は12月半ばと1月初め、前半と後半に分かれて3日間の看護学実習、基礎看護学実習Ⅰに行きます。学生は、初めての実習です。実は私にとっても初めての基礎看護学実習Ⅰの指導です。

 先日、前半組の実習オリエンテーションがありました。オリエンテーションでは実習をする施設別に分かれ、施設や看護部の概要などについて学生が自己学習してきたことを発表し、それぞれの施設の役割や特徴についてみんなで情報を共有しました。また、実習に臨む姿勢や意気込みなどを学生自身の言葉で表現し、意見交換しました。学生間で意見を出し合うことで、実習の目的・目標に向かってどのように進んでいくのかを具体的にイメージできたように思います。でも、自分の意見を言うことは、とても難しいですよね。緊張のあまり、手が震えている学生も見られました。

 学生の姿を見て、20年近く前の自分自身の基礎看護学実習を思い出しました。本学の学生のように実習への意気込みを語るようなオリエンテーションはありませんでしたが、教員と一緒に看護部長室に挨拶にお伺いした時のことはよく覚えています。看護師になるための階段を登っていることを実感すると共に、とてつもない不安と緊張感で一杯でした。きっと挙動不審になっていたのではないかと...思います(^^;

 もうすぐ実習がはじまります。学生と共に、この心地よい緊張感をたもったまま実習に挑みたいと思います。皆様、ナースの卵に応援よろしくお願いします!


ブログ画像(喜多先生).jpg

2011/12/02(金)

アロマセラピーってお洒落なだけじゃなぁぁぁ~い!


 こんにちは。再び登場のヘルスプロモーション整復学科の山原でございます(*^^)v
 今回は、毎回ふざけてばかりのブログを書いている私がちゃんと仕事をしているということをお伝えしまぁす。アロマセラピーについてです。(初めて山原が写真に登場いたしちゃいます(*^_^*))
 10月30日に第1回大阪マラソンが行われたのを覚えていますでしょうか??そう!その大阪マラソンに私、山原は出場してまいりました?!(?_?)あっ!!間違えました(^_^;)大阪マラソンEXPO2011というイベントに日本アロマ環境協会のアロマセラピストとして参加してきました。①.JPG
 これは、スポーツシーンにおけるアロマの活用法を普及させることを目的に協会が出展したもので、2月に行われた東京マラソンにも出展し、約800名の方がアロマトリートメントの心地よさを知っていただいたということです。②.JPGだから、私も「どんな感じになるんやろぉ?」と超↑↑緊張してトリートメントに挑みました。いざトリートメントを始めてみると、いつもと同じ感じでアロマのことや身体のことを話しながら楽しくトリートメントをしていて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。relaxし過ぎて眠ってしまった方もいました。
 アロマトリートメントをしながら話をしていると、アロマってこんなんなんや!男性でもアロマトリートメントは受けられるのですか?と以外にアロマセラピーを知らない方が多く居られたことに私自身びっくり(@_@;)しました。

③.JPG どうしてもアロマセラピーというのは、女性のエステのような感じに受け取られているようでした。私自身もアロマトリートメントは男性には物足りないものだろうなぁ?!と思っていて、女性にしかアロマトリートメントを行ったことがなかったのですが、このイベントで男性にもアロマトリートメント行ってみて感じたことは、男性も女性も感じ方は同じやん?!いやっ!男性の方がかなり喜んでいて、relaxしていたぞ?!と思いました。

④.JPG⑤.JPG
 アロマセラピーはお洒落(美容)というものではなく、ココロに深く作用してカラダの調子を整えてくれるものなのです。
 今回の大阪マラソンEXPO2011では『Aroma de run』といって、マラソンの練習後やマラソン前夜にアロマでカラダもココロも整えましょうというアロマの普及活動を行ったのです。
 例えば、スポーツをした後はラベンダーのアロマオイルを植物油で希釈して手や足に塗布してトリートメントする。また、スポーツの試合や大会などの前日に緊張して眠れない場合は、カモミール・ローマンやオレンジ・スイートのアロマオイルを使ってバスソルトを作って、ぐっすりと質の良い眠りにつくようにする。など用途によって香りなどを使い分けてカラダとココロを整えて快適な日々を過ごしていきます。
 受験生の方には、試験当日の朝、シャキッと目覚めるためにローズマリーで芳香浴をする。また、試験会場で緊張してどうしようもない時は、ベルガモットをハンカチに1滴たらしその香りを嗅ぐなどしてココロを落ち着かせると、しっかりと試験や勉強に打ち込むことができると思いますよ(^_-)-☆
 ヘルスプロモーション整復学科では4年生になると選択授業でアロマセラピーの授業がありますし、関西医療大学には出来たばかりですがアロマクラブもありますので、アロマも活かせる医療人に成長できると思います\(^o^)/
 オープンキャンパスでの体験企画に『アロマセラピー体験』が開催されたりしますので、ぜひ来年のオープンキャンパスにも参加してみてくださいね(^o^)/   

⑥.JPG⑦.jpg

このページのトップへ