ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2011年11月アーカイブ

2011/11/25(金)

運動器疾患理学療法の意義


 みなさん、こんにちは。理学療法学科の谷埜予士次です。
 さて、今回は「運動器疾患理学療法の意義」という難しいお題をいただきました。受験生のみなさんに、できるだけわかりやすく私見を含めて説明させていただきたいと思います。

 まず、運動器とは何か、わかりますか?運動器とは、我々の身体運動に関わる骨、筋肉、関節や神経などを指します。ですから、運動器疾患とは、骨、筋腱、関節(靭帯を含む)や神経などが損傷して起こる疾患ということになります。例えば、骨折、靭帯損傷などが想像しやすいでしょうか。骨折を例に運動器疾患に対する理学療法の魅力を述べます。
 このブログを読んでくださっている方で骨折した人はいますか?骨は折れてもまたひっつきますよね(骨癒合)。しかし、適切な治療や理学療法が施されないと後遺症が残ります。まず、医師が骨折に対して治療をしてくれます。骨折して骨がずれていると、もとの状態に戻します。これを整復といいます。正しく整復して、その後は骨癒合するまで固定をします。固定の仕方にも色々あります。ギプスを巻いた固定だけでなく、手術によってプレートを用いて直接骨を固定する場合もあります。固定された後、骨がある程度癒合するまでは、その部分にまだ強い負荷をかけることができませんし、十分に動かすことや体重をかけることもできません。したがって、固定によって関節が硬くなって、動かせる範囲が制限されたり(関節拘縮)、筋力が低下したりします。その間は骨折部分以外の機能をできるだけ低下させないように理学療法を行います。そして、骨癒合が進むにつれ徐々に骨折部に関係する関節の可動域練習や筋力強化練習を徐々に行い、患者さんが再び元の動作をすることができるようにして生活に戻れるように支援します。
 このように記載すると、みなさんがイメージしているような理学療法ですかね?受身的なイメージでしょうか?実は運動器疾患に対する理学療法にはもっと魅力があります。それは 1. 患部の修復を促すことができる、2. 予防ができる、ということが魅力だと私は思います。

  1. 患部の修復を促すことができる、ということについて説明します。先にも述べましたが、骨折しても骨癒合しますが、実は骨癒合のためには適切な負荷が必要になります。全く負荷をかけずに患部を安静にしているより、適切な負荷を適切な時期にかけることによって患部の修復を促すことができます。これは靭帯や筋肉を損傷したときも同じです。適切な負荷をかけるには、骨はどのように治癒していくか?どのくらいの時期にはどのようになっているのか?ということを知らなければいけません。これは病理学という学問で習います。また、骨折後にどのような固定をしているのか?骨にはどのような力が加わって折れたのか?など整形外科の知識も有していることで可能になります。このあたりは医師と十分にディスカッションして理学療法を進めていくことに魅力を感じます。

  2. 予防ができる、ということについて説明します。骨折の原因は色々あると思います。転倒、捻挫や走りすぎて疲労骨折というのもあるでしょう。転倒にしても、捻挫にしても、なぜ、転倒したのか?捻挫をしたのか?その原因を突き止めて、原因を改善させるような理学療法を行うことによって再発を予防できます。疲労骨折も単なる練習量が多いということだけではなく、負荷が繰り返してある部分に集中して加わるから生じます。つまり、患部に集中して負荷が加わるという動き方に問題があります。問題となる動作に対して理学療法を行って改善しておけば疲労骨折は未然に防ぐことも可能になります。このように運動器疾患は理学療法で予防できるという点も魅力的だと思っています。

2011/11/18(金)

なでしこジャパンから学ぶこと


 鍼灸学科 スポーツトレーナーコースの山口由美子です。
 世間は"なでしこジャパン"フィーバーで盛り上がり、いまだ冷めぬ勢いですが、私もサッカー日本代表チームでトレーナー活動を行っております。今年度の私の担当は、"リトルなでしこ"と呼ばれるU-19日本女子代表チームです。"U-19"とは"under19"のことで19歳以下の代表選手で構成されていることを示します。日本代表の女子チームは3つのカテゴリーしかなく、それぞれFIFA(国際サッカー連盟)が行う世界大会を目指すために立ちあげられます。U-19は2012年のU-20女子ワールドカップを目指し、先日10月6日~16日までベトナムで開催されたAFC(アジアサッカー連盟)U-19女子選手権に出場しました。この大会は来年開催予定のU-20女子ワールドカップのアジア最終予選を兼ねています。日本は無敗で優勝し、U-20女子ワールドカップの切符を獲得しました。
 アスレティックトレーナーの仕事には、このように各所属チームから選ばれた選手を集めて構成される選抜チームに帯同するアスレティックトレーナー、チームに所属しチームと共にオールシーズン活動するアスレティックトレーナー、医療機関や治療施設で選手のリハビリテーションや治療に携わるアスレティックトレーナーなど様々で、それぞれに仕事内容が異なる点があります。
 選抜チームに帯同するアスレティックトレーナーは、選手を所属チームからお借りしている立場と言っても過言ではありません。ですので、選手が所属しているチームの方針を尊重することが求められます。そして、所属チームのメディカルスタッフと情報交換を行い、選手サポートに当たります。選手が召集されるのは1年間のうちで大会期間を除くとわずかな日数です。その期間に選手に伝えられることは少しです。なので、選手が所属チームに帰って行う日々のトレーニングが非常に重要になってくるわけです。アスレティックトレーナーとして、選手が目標とする大会で優勝すること、そしてその選手が将来なでしこジャパンに選出されてオリンピックやワールドカップで活躍するためにも今何をしなくてはいけないか逆算して選手に伝えなければいけません。選抜選手が集まる合宿や大会期間だけを頭に入れて活動することが選抜チームに帯同するアスレティックトレーナーの仕事ではないのです。
 世界大会を目指す日本代表選手は、どのような環境にも動じず、自分のやるべきことを理解しいつも通りのパフォーマンスを発揮できる能力が必要です。なでしこジャパンの優勝はその一つだと思います。世界中で開催される大会では、衛生環境が悪い国での試合もあります。食事の味が日本人の我々にとっては摂りづらいと思うこともあるでしょう。試合スケジュールがハードで疲労困憊の状況で臨む試合もあるでしょう。どのような環境でも、弱音を吐かず、最高のパフォーマンスを発揮し、積極的にチームの為に動ける選手でないと世界とは戦えません。そのためにアスレティックトレーナーとして何ができるか?日々考えながら活動をしています。実はアスレティックトレーナーの仕事の一つにも教育的指導という項目があるのです。
 将来の日本のスポーツ界を支えるのは、これからアスレティックトレーナーを目指す皆さんです。是非、一緒に世界で戦える選手のサポートを考えていましょう。

画像(公開分).JPG

11月11日現在 ※文責:増田研一

  • 山口由美子講師がアスレティックトレーナーとして帯同してきたサッカーU-19日本女子代表チームは10月6日~16日までベトナム・ホーチミンで開催されましたAFC U-19女子選手権で見事優勝しました。同時にフェアプレイ賞も受賞しました。これにより来年8月に開催されるFIFA U-20女子ワールドカップの出場を決めました。
  • 浅井潤紀さん(H23年3月卒業)がトレーナーを務めるFC鈴鹿ランポーレ(サッカー)が天皇杯三重県予選を勝ち抜いて本大会出場を決めました。
  • 内窪信一郎さん(H14年3月卒業)が専属契約を結ぶ上原浩冶選手の所属するテキサス・レンジャーズがワールドシリーズ出場を決めました。
  • 山下隆弘さん(H14年3月卒業)の所属する福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ優勝を決めFSも勝ち抜き日本シリーズに駒を進めました。


2011/11/11(金)

こころに残る症例 -アトピー性皮膚炎にかくされた謎-


王 財源

 中国の伝統医学では、「気」の流れに注目した経絡という「気」のパワーを循環させるエネルギールートの存在を重視しています。古来、日本に伝わった鍼灸や漢方薬も、やはりこれら身体に流れ行く「気」を動かすことに着目し、さまざまな疾患を治療してきました。今、テレビなどでも、「気」は身体のエネルギーのこととし、「気」が健全に循環していると「血」の巡りがよく、全身の筋肉の動きがスムーズに行われると宣伝しています。つまり、車でいうと「気」は、丁度、ガソリンに例えることが出来ます。私たちは、このエネルギーを燃やすことで、健康で快適な生活を日々、過ごすことが出来るのですが、何らかの原因によって、体の中の「気血」が"みちくさ"すると、全身に十分なエネルギーが巡らなくなります。すると肌や筋肉、脳や五藏六府(内臓)に十分な栄養源が届かないために、全身のエネルギーが失われ、機能低下が始まり、さまざまな病気を引き起こされるのです。鍼治療はこれらの "みちくさ"した「気血」の流れを整え、体の中で滞っている気を散らして、経絡の中にある経気のめぐりを促し、「気血」の流れをよくすることで、人体を正常な状態に戻そうとする治療法なのです。
 さて、人体のパワールートである経絡は普段は目で見ることができないのですが、まれに経絡現象として体表に現れることがあります。今回は、私が体験した経絡現象についてご紹介したいと思います。三十代、女性のアトピー性皮膚炎の患者さんを治療していたところ、皮膚の表面に経絡の「流れ道」に沿って黒い細い線のようなものが現れました(先ずは実際の写真をご覧ください)。この画像を見るとかかとのあたりからふくらはぎにそって、茶褐色の線状のものが皮膚上に現れているのが分かるでしょうか? 経絡は合計十二本ありますが、その中でも、腎と関係するパワールートが、丁度、足の裏にある湧泉(ゆうせん)というツボから始まり、かかとから、ふくらはぎに沿って膝から腰に向かって「気」の流れを促しています。この患者さんに、腎と関係するパワールート上にある太渓(たいけい)というツボに鍼を刺したところ、茶褐色の線として下腿部の内側に沿ったルートが確認できました。
 このような現象は日常の臨床で頻繁に見られるものではありませんが、将来、鍼灸の知識と技術を学び、そして、チャンスがあれば、現代科学で未だ解明されていない東洋医学ならではの"未知との遭遇"を体験できるかもしれません。


  
ブログ画像(王先生)2.jpg

2011/11/04(金)

5号館の紹介


 こんにちは。保健看護学部の川中です。
 私がこの大学に来て、一番に感じたのは「きれいな大学だなあ~」です。

 5号館は、保健看護学科が設置されて竣工した建物ですから、建てられて3年目です。保健看護学科の大部分の授業は、この5号館で行っています。建物がキレイなだけではなく、学習環境も整っていると思います。

 今回は、簡単ですが、この5号館の紹介をします。

 まず、最上階の7階からです。ここは、保健看護学科の教員の研究室があるフロアです。ここから西方向を見れば、関空や明石大橋まで見えます。最初は、「なんか橋がある」程度にしか思っていなかったのですが、他の教員の方が教えてくれました。見ていると気分転換になります。

ブログ写真(川中先生).JPG


 6階には、実習室が2室あります。ベッド数が23台あって、充実の演習設備です。また、実習室は、5階にもあり、母性や小児の演習に使っています。
教室のフロアは4~5階で、3階には大講堂とパソコンのあるCALL教室があります。2階は大学全体の図書館、そして1階は、食堂です。

 キレイなだけでなく、設備も充実し、見晴しも良いこの5号館に一度お越しください。


このページのトップへ