ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2010年7月アーカイブ

2010/07/30(金)

スポーツの持つ力

関西医療大学 保健医療学部 鍼灸学科スポーツトレーナーコースの中尾哲也です。

今年はワールドカップに盛り上がった方は多かったのではないでしょうか。日本が勝てば、明るく元気な社会になっていたように感じるのは私だけでしょうか?
スポーツには、人に「明るさ」「元気さ」「楽しさ」「感動」「喜び」「共感」「落胆」「努力」「希望」などを与えてくれる「力」があります。
勝利に関係なく、選手が一生懸命頑張っている姿そのものを見るだけで、見ている者を刺激し「力」を与えてくれます。そして、選手の活躍から「力」をもらい仕事や勉強に「力」を注ぎます。選手はそんなサポーターの熱い応援「力」をもらい、さらに勝利へ向かって努力を惜しみません。
代表選手の活躍に刺激を受けたサッカー少年は、憧れの選手のようにプレーできるように、活躍できるように練習に「力」を注ぐことでしょう。また、サッカーを始める子どもたちを増やす力を与えたのではないでしょうか?
そうなれば、指導する側にも指導に「力」が入ります。子どもの元気「力」をもらって、指導者も張り切って頑張る姿も多くみられることでしょう。
私は子供たちに、今後の社会を動かす大きな「力」を感じています。子ども社会の活気は、きっと社会の景気に回復する「力」を与えてくれると。
日本の社会においては、教育とスポーツを切り離すことはできないと考えています。日本は古来より、身体の成長のみならず、心の成長「力」も武道を通して、さらに体育として育まれてきたのではないでしょうか?
指導者は、「物を通して思いを伝える」事をしてきたと思います。スポーツ技術のみを向上させる試みでは、心の成長のみならず、結果的に技術の進歩も望めません。
では、素晴らしいスポーツ活動中の指導には、どのような「力」が育まれるのでしょうか。
・個人の目的達成のために合理的に技術を選択し、目的と合った状況をつくるための戦術を立てる「力」。
・決められたルールの中でマナーを遵守し、エチケットを持って行動する「力」。
・対戦相手は敵ではなく、自分の勝利に価値を与えてくれる見方である。そこから、対戦相手を敬う心が育まれる「力」。
・直面する様々な状況(ストレス)の中で、自分の感情を認識し客観的に判断、実行する「力」。
・チームの仲間の感情を認識し、人間関係を損なうことなく自己主張する「力」。
・自分のやりたいことを達成するために実現可能な計画を立て、自ら意欲(モチベーション)を高められる「力」。
 これらの技術を身につけることは、『社会で健康に自立した生活』を送るためには不可欠な要素であると考えています。
スポーツトレーナコースでは、すばらしいスポーツ継続に必要な「怪我の予防や、不運にも怪我をした場合には可能な限り早くスポーツ活動に復帰させる」こと、「素晴らしいスポーツ環境を守り、さらに開拓することができる」人材育成と自立支援に「力」を注いています。それは、人と人との関わりで形成される社会の一員として安定した生活を送ることができる基盤「力」となると考えています。

2010/07/23(金)

本学の東洋医療コースの魅力・独自性

本学の東洋医療コースの魅力と独自性
関西医療大学 山本博司
今日は皆さんに本学の東洋医療コースの魅力・独自性についてお話をさせていただきたいと思います。まず、本学の東洋医療コースの魅力は将来、皆さんが鍼灸治療所を開業していけるような実力をつけてもらうという目標設定をしていることです。なんといっても鍼灸の特徴・魅力は開業できることです。独立開業すると、定年がなく死ぬまで現役で働き続けることができます。自分の好きな仕事を一生続けられることは何よりの幸福です。私達は真に心から喜んで鍼灸治療を一生の仕事として続けられるように、鍼灸治療に必要な知識と技術を判りやすく、丁寧に教えていきます。また、東洋医療コースでは人間の生死、生きがいについて深く洞察し、患者さんを一人の人間として応援できる医療人というスタンスを大切にしています。すなわち、「病気」だけではなく、「病人」をみるスタンスです。従って、私達は治療に必要な資質のうち、最も重要な資質として人間に対する「誠実」を考えています。これを学生に学んでもらうために、教員は学生とのコミュニケーションにゆっくり、時間をかけて指導していきます。そして、それは最終的には教員と学生ではなく人間と人間とのコミュニケーションになっていきます。より良い人間を目指して、学生と教員が共に切磋琢磨していきます。これは本学の独自性でもあります。医療の科学化が叫ばれるなか、科学化に向けての努力は当然のことながら、自分の人間性を磨き、患者さんを応援するという理念にいささかのぶれもありません。現在、何かと政党マニフェストが注目されていますが、いわば本学のマニフェストは、建学の精神である「社会に役立つ道に生き抜く奉仕の精神」という社会・人間に対する誠実な姿勢を貫く医療人教育をしていることを一番に挙げさせていただきます。
みなさん、東洋医療コースで人間の病と健康について、その本質を学びましょう!!!
建学の精神2.jpg

2010/07/16(金)

保健看護学部の1年を振り返り・・・

 こんにちは、関西医療大学保健看護学部保健看護学科の鹿島英子です。
 保健看護学部は開設から1年がたち、1期生・2期生がともに看護について学んでいます。
昨年度、入学当初の1期生は看護学の講義が始まると「患者さんってどんな気持ちなのでしょうか?」「入院って辛いのですか?」「看護師は何をするのですか?」など疑問がいっぱいで看護学生としてのスタートを切りました。私たち教員は、その1つ1つの疑問を一緒に解決していくサポートをし、看護について共に考えてきました。そんな1期生は2010年2~3月に基礎看護学実習Ⅰという科目の学習で、初めて病院での実習を行いました。看護学生として初めて患者さんと向き合い、コミュニケーションをとったことで、患者さんの気持ちを理解することの難しさや、病気だけでなく患者さんのこれまでの人生や生活、家族とのかかわりなど様々な情報を広く深く見ていく力が必要であることを学び、今その経験を基礎に、更なる学習に取り組んでいます。そんな姿をみると学生の成長の大きさに驚くとともに、誇りに思います。
 私は、看護とは人と人とのかかわりの中で成り立っていると思います。本学はそんな人と人の関わりを大事にし、看護について学べる大学です。みなさんも本学で看護について学んでみませんか?

2010/07/09(金)

「授業外でのトレーニング活動」

みなさん、こんにちは。
関西医療大学ヘルスプロモーション整復学科(HPS)の相澤 慎太です。
今回は授業外で行っている私の活動を紹介します。CIMG7801.JPG
 実は今年度、本学の体育館2階トレーニングルームが改装されました。アスリートに対してのトレーニングにも対応できるようになりました。
そして、健康づくりに役立つ有酸素マシン(トレッドミル、エアロバイク、ステアマスター)も充実し、施設としては文句の無いものになりました。
 さぁ、これで充実したトレーニングができるのでしょうか?
答えはもちろん「NO!」です。
スポーツ選手にせよ、健康づくりにせよ、トレーニングを成功させるには、それなりの方法があります。CIMG7813.JPG

本学には将来、スポーツに関わる人間になりたい!という夢を持っている学生が多いのですが、そういった学生にしてみれば、授業だけでは物足りなくなってきます。
「もっと本格的なトレーニング方法を学びたい!」
そんな学生の要望に応え、私は放課後の時間を利用して、「トレーニング講習会」を開いています。
CIMG7894.JPG
学科を超えて同じ志を持った学生たちと作り上げる講習会はピリッとした雰囲気の中にも充実感が満ち溢れています。

さて、トレーニングを成功させるために重要なキーワードとして、「個別性を重視する」というものがあります。人にはそれぞれ個性があります。これを無視してトレーニングの成功はあり得ません。
『同じことをやれば誰でも成功できる』というような、つまらない世界ではありません。

CIMG8134.JPGその点でいくと、本学は治療家として人の体を診ることを学んで行く大学です。実は、これこそ正に「個別性に対応する」という事につながります!
ですから私は本学の学生がトレーニングを学ぶことは強烈な武器になると確信しています。CIMG8470.JPG

2010/07/02(金)

理学療法学科の学生さんたち

 みなさんこんにちは。関西医療大学 理学療法学科講師の谷埜予士次です。

 さて、今回は「理学療法学科の学生さんたち」ということで、本学科の学生さんの現状を紹介させていただきます。
 本学科は今年の4月で4学年全てが揃いました。大変にぎやかになりました。1期生(4年生)とは本学科開設当初からの付き合いで、何をするにも初めての試みであったため、お互いに試行錯誤しながら今の教育スタイルを築いてきました。1期生だからたくさん接する機会があって、コミュニケーションをたくさんとれたというメリットもあれば、逆に試行錯誤しながらの教育であったため、時には迷惑をかけたこともあったと反省しています。しかし、おかげで今の本学科の教育スタイルが構築できたと感謝しています。入学当初は、高校を卒業したばかりで幼い感じが多分にありましたが、今は大変たくましく、大人っぽくなりました。それは単に年をとったということだけでなく、3年の後半から外部の臨床実習施設において、実際に患者さんを担当させていただき、実習指導者の先生方から現場の厳しさを学んできたからだろうと思います。今ではとても頼れる4年生になっています。
 2期生(3年生)は1期生に続いて、9月から外部の施設に実習にでます。先輩たちから色々な情報を聞いているみたいですね。今からドキドキしながら対策?というか準備をしているようです。また、本学附属診療所での実習にも積極的に参加して、臨床実習に備えているようです。そして、3期生(2年生)は学内ではもっとも忙しい学年に突入しました。以前にも紹介させていただきましたが、本学科の教育システムの一つであるOSCE(実技試験)に追われる学年となっています。1年後には外部の施設に出て、臨床実習をさせていただくわけですから、この1年間で基本的な理学療法検査および測定の技術をマスターしなければなりません。おまけに、2年生になると理学療法の専門的な科目も増えるため、量的にも質的にも本当に勉強することが多い年になります。
 最後は4期生(1年生)ですが、そろそろ大学にも慣れてきたころでしょうか?最近授業で接し始めたところなのでまだ特徴が掴めていませんが...女子学生がアクティブなのは確かですね。授業中に積極的に発言したり、居眠りしている男子学生を起こしたりと...女子が男子学生をリードしている感じですね(ちなみに、4期生だけに関わらず、本学科はどの学年も女子学生の方が強いです!)。1年生は基礎医学科目をしっかり勉強しておかないと、2年生になって始まる理学療法専門科目についていけなくなるので、基礎をしっかりと固めておく必要があります。
 さて、色々述べましたが、結局はどの学年もそれなりに忙しいのです。さらに本学科は大変ハードな教育システムになっているので(詳細は理学療法学科オリジナルサイトをご覧ください)、本当にやることがたくさんです。でも、そんなタイトなスケジュールの中でも友達同士で遊んだり、一緒に勉強したりと、楽しいことをたくさん見つけているみたいです。普段は厳しいことも言っている我々ですが、クラス会を開催するときは教員にも誘いの声をかけてくれて、楽しい一時を一緒に過ごしています(決してクラス会開催の資金調達ではないと思っています)。
 本学科の学生さんの特長は、こんなハードでタイトなスケジュールを器用にこなしながら、友達や患者さんを大切にできるという柔軟性を持っているところでしょうか。

このページのトップへ