ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2010年2月アーカイブ

2010/02/26(金)

「生活を支える」を一緒に考えましょう

こんにちは。保健看護学科で在宅看護論を担当しています増田惠美です。

皆さんは「在宅ケア」という言葉を聞いたことがありますか。在宅ケアとは、「病気や障害を持ちながらも地域でより良く暮らしたい」と希望する人々へのサービスの総称です。
そのサービスの一端を担うのが在宅看護です。と言っても皆さんにはピンと来ないかもしれませんね。

では、「地域で暮らす方の生活を支えること」と言ったらどうでしょうか。「生活を支えるってどういうことですか。医療職が生活を支えるってどういうことですか。」と質問が返ってきそうですね。
まず、生活について一緒に考えてみましょう。皆さんは、今、どんな生活をしていますか。起きてから寝るまでの、1日の時間の流れを考えてみてください。

生活が多様化している現在では、職業や置かれている状況によっても様々な生活の仕方があると思いますが、学生の皆さんの一般的と思われる流れを、私なりに考えてみました。
朝起きて、着替えをして、顔を洗い・歯磨きを済ませ、トイレで用をすませ、朝食をとります。次に、それぞれの交通手段を使って、大学へ向かいます。このときお弁当を持参する人もいるでしょう。大学では、友達とよく学びよく遊んで、帰宅したら夕食をとり、お風呂に入って、テレビを見たり家族とおしゃべりをしたりして就寝します。

こんな1日を想像してみました。ほぼ同じだと思う人、ぜんぜん違うと思う人いろいろだと思います。そうなんです。一人一人の生活は似ているようで、みんな違うんですね。
その人の生活は、その人にとってかけがえのないものです。

でも、健康状態に問題を抱えると、自分の望む生活が自分だけでは思うようにできなくなります。人々のかけがえのない生活を支える一つが在宅看護です。
健康問題を抱えながら在宅で生活する人を支える、ということについて、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

2010/02/19(金)

この道で人助けをすることには楽しさってあるのか?

こんにちは。
関西医療大学 保健医療学部 ヘルスプロモーション整復学科の髙岸です。

今、皆さんは何をしているときが楽しいですか?

「クラブ活動をしているとき」「友達と話をしているとき」「読書をしているとき」「ゲームをしているとき」「釣りをしているとき」「家族と一緒にいるとき」「勉強している(学んでいる)とき」など人によって様々で、数え切れないぐらい次から次へと出てくる人もいれば、そうでない人もいるでしょう。でも一つもないという人は多分いないと思います。

興味のあることや、おもしろいことをしているときは、楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいますよね?!また、どんなに人が楽しいことでも自分に興味がなければ楽しくないですよね?!
ここで例にあげた「勉強している(学んでいる)とき」を楽しいと思える人はまだ少ないかもしれませんが、学ぶということは自分の知らなかった世界を知ることだと考えると楽しくないですか?

大学は自分の興味があることに重点をおいて学べる場所です。中にはそうでないこともありますが、今までよりは少ないと思います。

この大学で資格を取得するまでに学ぶことは膨大で、決して楽な道のりではありません。しかし、健康運動実践指導者やスポーツプログラマーなどの資格を取得し、人々の健康づくりや運動指導をとおしてみんなが楽しく健康に生活できるお手伝いをすることにやりがいを感じ、骨折、脱臼、打撲、捻挫、軟部組織損傷が起こってしまったときには柔道整復師の資格を生かして手当てをして、損傷組織の回復を促進し、痛みを和らげてあげることができます。

痛みは辛く、好きな人はいないと思います。手当てをして痛みが和らぐと患者さんはうれしくなり、感謝してくれます。その患者さんの笑顔と感謝の言葉を聞くとこっちまでうれしくなります。うれしいことがあるからこそ楽しいんだと思います。

今、このブログを見ている人は、既にこの仕事に興味をもち、この資格を生かして人の役に立ちたいという想いをもっていることでしょう。そういう人にとって楽しくないはずがないと思います!

高岸先生写真①.JPG

高岸先生写真②.JPG

高岸先生写真③.JPG

2010/02/12(金)

受験生への応援メッセージ

こんにちは。関西医療大学 理学療法学科講師の谷埜予士次です。

今回は「受験生への応援メッセージ」ということですが、そろそろ受験シーズンも折り返し地点を過ぎたころでしょうか。
本学も推薦入試は終了し、先日、一般入試のA日程も終了しました。すでに進学先が決まっている方、そうでない方もいらっしゃると思います。今後、本学も含め他校の入試にトライする方はぜひ全力を尽くして悔いのないようにしてくださいね。

そのためにはまず体調管理ですね。
今年度は新型インフルエンザが猛威をふるい、みなさんを脅かしましたね。実は私も昨年の9月に新型インフルエンザに感染してしまいました。
当時は若い人にしか感染しないと言われていたのですが、around40の私も感染してしまいました(うれしいのか、悲しいのか?)。
ぜひ、手洗い、うがい、マスク着用など世間的に周知されていることを守ってがんばってくださいね。

さて、これまであまりにも当たり前のことを書きました。これからは理学療法学科の講師としてみなさんに伝えたいことを記載させていただきます。
「受験生への応援メッセージ」というよりか、「確認orお願い」です。
私は理学療法士であるため、以下は理学療法の内容に偏ることをご了承ください。

理学療法士の養成校はたくさんあります。ご存知ですよね?平成21年度の養成校の入学定員は約13,000人です(みなさんが入学することにはもう少し増えているでしょうか)。
ということは、みなさんと同年代の卒業生は約13,000人ということですよね。このような集団の中でみなさんはどうがんばりますか?
また、現在は理学療法サービスの質の低下が深刻化されています。これからは患者さんをはじめスタッフからも選ばれる理学療法士にならなければ、みなさんの将来も明るいものにはならないでしょう。他校でもこの問題を受け止め、理学療法士の質の向上を目指した教育に取り組んでいると思います。

本学でも昨今の理学療法士の質の低下に逆行するベクトルをもった「治せるセラピスト」の育成に励んでおります。本学での取り組みは2009年4月に私がこの教員ブログで紹介させていただきました。
また、本学HP理学療法学科オリジナルサイトをご覧いただければと思います。
障がい者の社会復帰や国民の健康維持・増進に関わる職業を目指すために、医療人としてのマナーや理学療法技術に関する内容を詳細に指導していきたいと思います。
さらに、卒業後も理学療法士としてスキルアップできるような方法も提供できればと考えております。

以上の私の独り言を頭の片隅においていただいて、受験に全力を尽くしていただければうれしいです。受験生のみなさん、応援しています!!

2010/02/05(金)

大学生になるまでに準備して欲しいこと

こんにちは。関西医療大学 保健医療学部 鍼灸学科スポーツトレーナーコースの中尾 哲也です。

大学受験を振り返ってみると、受験勉強で得たものは、大学生活や大学卒業後での専門的知識や技術を得るための基礎作りであると気付かされます。
運動力学の理解を深めるための数学や物理、運動生理学の理解を深めるための化学など。英語文献を調査する際には、辞書を片手に、読むために不可欠な基礎的英語力、報告書やメールでの情報交換を行う際の日本語文章作成力や語彙力のなさに頭を抱えています。

「高校の時もう少し勉強しておけばよかった・・・」
時々、高校の参考書などを開くが、仕事をしながら集中的に国語や数学、化学や物理を勉強するのはかなり難しいです。大学入学後においても、専門的知識や技術を次から次へと獲得していかなければならないので同様のことが言えます。

ですので、皆さんには「いやな受験勉強」と思うことなく、「自分の目指すトレーナーになるため、目指すトレーナーになるために今から勉強をして・・・。」という気持ちで乗り切ってほしいと思います。

「目標がある限り、一生勉強。しかし、それは苦痛でなく、喜びですよね。」
「焦らず、楽しく、コツコツと」一緒に頑張りましょう!!

中尾先生写真.JPG

このページのトップへ