ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2009年6月アーカイブ

2009/06/26(金)

スポーツに関わる意義

関西医療大学 保健医療学部 鍼灸学科スポーツトレーナーコースの中尾哲也です。

私自信がスポーツに関わる理由となるキーワードは『喜び』です。

より良い障害(ケガ)予防対策や治療方法考える時、自分がスポーツを実践して初めて気づくことがあります。また、それはスポーツを実践しなければ、気づく事はできないと思える場面もあります。したがって「自分が指導する内容を、安全かつ効果的に行うためには自分が実際に行うことが重要」と考えています。
直面する様々な問題を頭だけで考えていては、本質的に理解することはできない。実践し考え、悩み、そして結論や結果が出たとき"スポーツ実践者としての喜び"が味わえる。

工夫した方法で指導したことで、選手の成長に結びついたとき"スポーツ指導者としての喜び"が味わえる。その選手が活躍すれば"スポーツを観る喜び"も味わえる。
スポーツを「する喜び」「観る喜び」「支援する喜び」など。そういった『自分の喜びを追求する行為が、選手の幸福につながった時』、何にも代えがたい更なる喜びとなっています。

私にとって「素晴らしいスポーツ」を多くの人々に伝え、理解していただくことができれば次の新しい喜びへとつながるかな。だからスポーツへの関わりは辞められない。


私のとって素晴らしいスポーツ活動には、どのような場面があるのでしょうか。
・個人の目的達成のために合理的に技術を選択し、目的と会った状況をつくるための戦術を立てる。
・決められたルールの中でマナーを遵守し、エチケットを持って行動する。
・対戦相手は的ではなく、自分の勝利に価値を与えてくれる見方である。そこから、対戦相手を敬う心が育まれる。
・直面する様々な状況(ストレス)の中で、自分の感情を認識し客観的に判断、実行する。
・チームの仲間の感情を認識し、人間関係を損なうことなく自己主張する。
・自分のやりたいことを達成するために実現可能な計画を立て、自ら意欲(モチベーション)を高められる。

これらの技術を身につけることは、『社会で健康に自立した生活』を送るためには不可欠な要素であると考えています。教育場面でこれまでスポーツを体育として利用されてきた理由にも関連するのかもしれませんね。

スポーツが国際社会の中での競争や商業に利用され賞金や報酬を受け取ることが当たり前になった時代において、勝利主義が優先されがちですね。
しかし、その勝利を勝ち取るためのプロセスが最も重要なことではないでしょうか。そんなことを考える機会を与えてくれるスポーツは、やはり私の有意義な生活には不可欠な要素のようです。

スポーツトレーナコースでは、スポーツ継続に必要な「怪我を予防し、不運にも怪我をした場合には治療し可能な限り早くスポーツ活動に復帰させる」ことや「素晴らしいスポーツ環境を守り、さらに開拓することができる」人材育成と自立支援を目指しています。
それは、人と人との関わりで形成される社会の一員として安定した生活を送ることができる基盤となると考えています。

スポーツは「明るさ」「元気」「楽しさ」「感動」を人に与えてくれます。

その事だけでも、スポーツに関わる私に『夢』を与えてくれます。

2009/06/19(金)

鍼灸師の活躍する場―治療院―

東洋・写真.JPG今月は治療院について考えてみたいと思っています。
このテーマを担当することになりました関西医療大学の保健医療学部・鍼灸学科・東洋医療コースの吉備 登といいます。

鍼灸師ははり師ときゅう師の国家試験を受けて免許を取り、はり・きゅうの治療院を開設することが出来ます。しかし、卒業してすぐはほとんどの学生さんは20歳前半とまだまだ若いために、すぐに開業する方はほとんどありません。まず、どこかの治療院に勤めて実際の臨床をこなしながら経験を積み上げ、腕を磨いてから開業する方が多いと思われます。

それではどのような治療院があるでしょうか?

鍼灸院、按摩・マッサージ・指圧院、ほねつぎ・接骨院・整骨院、整体院、操体院、カイロプラクティク、クイックマッサージ・足裏マッサージ、タイ式マッサージなど多くの種類の治療院があります。
これらのなかでも正式な国家資格ははり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師などであって、整体師、操体師、カイロプラクター、クイックマッサージ師、足裏マッサージ師・タイ式マッサージ師などは日本国内では法的根拠のない民間資格で、国家資格ではないこともしっかりと知っておいてもらいたいと思います。

卒業後は、ほとんどの学生さんが鍼灸院または鍼灸整骨院などを希望する場合が多いのですが、治療院以外では、病院、診療所、医院または介護施設などの希望もあります。
しかし、医療・介護施設のなかでは鍼灸の治療がどの程度取り入れられているかは施設により異なっているのが現状のようです。

なお、本学には診療所に附属する鍼灸治療所があり、4年生の鍼灸臨床実習時には鍼灸治療所に入って患者さんと対話し、医療面接などを実際におこなうことができます。
また、1年生からは学校の休みの期間など空いている時間があれば、希望によって鍼灸の臨床見学をすることも可能になっています。また、学校以外の鍼灸などの治療院についても、インターンシップの一環として学外の鍼灸治療院の見学実習も実施しています。

卒業するまでに、実際の治療院における仕事がどのようなものであるかをじっくりと体験し、医療人としての自覚をしっかりと身につけることができるように、勉強に励んでほしいと思っています。


2009/06/12(金)

『産声』を上げて早二ヶ月

こんにちは。関西医療大学 保健看護学部 保健看護学科の石井侃です。

私たち保健看護学科の主役とも言える一期生は、男子学生二十九名 女子学生五十九名 計八十八名で出会いと縁起を心の糧に生誕しました。兄姉の鍼灸・理学療法・ヘルスプロモーション整復各学科と一体となって、西洋・東洋医療を根幹に「学」・「術」・「道」のプロフェッショナルを目指して生きていくことになります。

初年度を素直にヒトの年齢に言い換えると、「一歳」であって「0歳」ではないと私は密かに思っています。ヒトの年齢を数えるのに、「数え年」と「満年齢」の二つが以前にはありました。出生直後に一歳と数えた戦前の数え年が戦後は満に変更されて0歳から人生が出発する形となったのです。恩師のK教授から、医局の忘年会でこのことについて聞いた時の衝撃を今も覚えています。

「満年齢というのは確かに数え年より合理的で、十二月に生まれた新生児が一ヶ月程で二歳になり、逆に新年早々に生まれた児は一年余経たないと二歳にならない年齢の数え方は、年齢が低い時ほど数理性に欠けると思えます。
しかし、満年齢は『生命』という視点にたつと、母親の胎内にいたことが切り捨てられていて、勘定に入っていないのです。ヒトは受精から十月十日で生まれます。個体発生は系統発生を繰り返すと言われるので、地球上にヒトの生命の起源が誕生して四十億年、この極めて永い生命の歴史を辿る胎児期のことが忘れ去られているような数え方はネ。・・・・・。」

医療の現場での生命倫理の感性と重要性も、教育現場での個々の資質の飛躍にも、胎児期を創った先人の熱い思いや感動衝動が礎であると思っています。各学科の兄姉と大学関係者の有形無形の養育を一身にうけて、保健看護学科学生諸君は今まさに羽ばたいています。

2009/06/05(金)

ヘルスプロモーション整復学科教員のキャラクターについて少しだけ教えます?!

はじめまして、関西医療大学 保健医療学部 ヘルスプロモーション整復学科(HPS)の山原です。
HPSの教員は武道やスポーツを究めてきた人ばかりです。

ヘルス写真 1.JPG

まず、学科長の戸村先生は柔道の師範級であり、柔道の経験を生かし私たち教員および学生に健康づくりのプロになるための教えを静かに説いてくれます。


ヘルス写真 3.JPG
教務部長の武田先生は、とにかく面白いことが大好きな先生であり、担当している生理学の授業も面白可笑しくわかりやすく『からだの不思議』を教えてくれます。
しかし、面白いからといってやさしいのではない?!
ヘルス写真 2.jpg

仕事が終わってから体育館で一人サンドバッグを相手にトレーニングを欠かさず行っているのです。つまり、常に戦闘態勢に持っていける状態にあるということになるのです。気をつけておかないとダメですよ?!


ヘルス写真 4.JPG

1年生担任の五十嵐先生は、解剖学の先生でもあり、体育の先生でもある。そして、自らの健康のために毎日、自転車通勤をしております。つまり、人の体を知り尽くし、自らもコントロールできるヘルスプロモーションのプロなのです。

ヘルス写真 5.JPG

1年生副担任の牛島先生は、探究心の強い先生であり、柔道整復師の免許を取得してからアメリカに留学し、ATC(NATA公認)を取得してスポーツ界で活躍してこられた先生です。そのため、学生に『Yes, We Can!』を説いてくれるので、相談に来た学生はみんな自信と目標を持って帰っていきます。

ここで、影の指導者である相澤先生を紹介します。野球のことなら相澤先生に聞け!というくらい野球指導のプロです。プロ野球選手も指導を受けに来るくらいの先生です。また、とても面倒見がよく、休憩時間や放課後でも相澤先生の研究室では運動指導やトレーニングのことなど、授業では聞けない特別授業が開催されているので、学生で溢れています。
休日には学生を連れて近所の高校の野球指導に出かけています。スポーツ指導のプロだからスポーツ万能と思いきや、苦手なスポーツもあるらしく・・・ゴルフはドライバーではなく、バットでやりたいそうです。

話は変わりますが、柔道整復について少し教えます。

柔道整復師の成り立ちは、柔術(武術)が始まりです。柔術には殺法(殺戮手段)と活法(応急手当)があり、この活法の一部が医療として生かされ柔道整復術として残っています。HPSでは殺法と活法ではなく、活法と説法(説教)を学生に伝えています。
この説法を冷静沈着に説いてくれているのが、井口先生です。井口先生は2年生担任で肩の脱臼や骨折の授業も担当しています。いつも怖いわけではなく、学生が大好きで、学生と楽しむことが大好きな先生です。ただの説法ではなく、学生思いからくる説法を説いています。

井口先生と私の学生時代の先輩でもある高岸先生を紹介します。高岸先生は、常に冷静で先の事を考えて私たちを指導してくださいます。
また、学生にも次に活かせる勉強方法などを教えてくださいます。普段、無口なのですが、はじけると学生よりも楽しんでいるので、やはり、楽しいことが大好きな先生なのです。

最後になりましたが、私 山原は?というと、約26歳で独身であります。HPSの教員のキャラクターを教えていますが、まだまだ新米の教員で、学生と一緒に日々勉強し究めている最中です。

HPSはバライティーに富んだ教員の集まりで、楽しいこと面白いことが大好きな人ばかりです。
だから学生は、学校生活が楽しい!というのかも知れません。

6月20日(土)にオープンキャンパスが開催されますので、教員のキャラクターを確かめるためでも良いので参加してください。

このページのトップへ