ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2009年2月アーカイブ

2009/02/27(金)

関西医療大学 ヘルスプロモーション整復学科について

こんにちは。関西医療大学 保健医療学部 ヘルスプロモーション整復学科の武田 大輔です。

ヘルスプロモーション整復学科に関して述べさせて頂きます。

この学科は新しく平成20年の4月に新入生を迎えたピカピカの一年生です。

現在は、平成21年の3月で、そろそろ一年が過ぎようとしております。

本学科は、スポーツ運動指導を上手く活かし、人の役にたちうる人を育てていきたいということでスタートしています。

本当に役にたつために、ただスポーツ運動指導ができるというだけではなく、指導時のケガにも即座に対応できればもっといいということを考え、人の体を観ることのできる医療系資格も合わせもつというスタイルで進めているとう学科です。

ここに集まった現在の一年生は、何も言っていないのに、言い合わせたように元気でやんちゃっぽいキャラの学生が多いです。しかし、無謀にやんちゃなわけでなく、さすが医療関係者として人の役に立ちたいということを前提に入学しているので皆心やさしい学生です。

さらに、ヘルスプロモーション整復学科が、はじめての年度ということでパイオニア精神にあふれた学生が入学しているせいか、非常に積極的な学生で現行の一年がヘルスプロモーション整復学科の学生のスタイルやルールを創りつつあります。

ヘルスプロモーション整復学科では、新たなスタイルで次世代型の運動指導ができる柔道整復師を目指すということで教員も一緒になって学問を楽しんでおります。

大学というところは、文化を産み出すところでもあるので、既存の知識や技術をミックスして=これを学際的という難しい表現でいうのですが・・・、新たな何かを生み出すことを学生たちとも一緒になって楽しんでいる状況です。ここのところが、この学科の他とは少しだけ違うところだと思います。

もちろん、学問的にベーシックなことは、講義できちんとなされることを前提として、その知識や技術をもとに新たなアイデアを創りつつあるということですよ。

例えば、そろそろ入学して一年経つ学生たちが、本学教員とともに母高のクラブにもどって後輩の面倒を見たりして、その中でいろいろと学びを得たりしています。

また、大学内に学生と教員が一緒に手作りで作成したピッチャーマウンドに、プロの投手がやって来て、適正なフォームになるよう指導を受けたり、体の使い方や、体軸のバランスを整えたりしたりなど、自然とスポーツと医療系の融合が実験的になされつつあります。

大学では、時間がたくさんあるので、上に書いたようなことをそれが成功か失敗かに関わらず教員とともに学生が一緒になって創造していけます。そういった土壌があるということが、この学科の醍醐味である!と初年度の下半期を迎える中で感じています。


2009/02/20(金)

関西医療大学保健医療学部 理学療法学科の特長

みなさんこんにちは。
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科講師の谷埜予士次です。

さて、今回は「関西医療大学の理学療法学科が他校の理学療法学科と違うところ」ということについてお話させていただきます。

手前みそではありますが、本学はずばり、教職員が熱いです!!本学科のコンセプトである「治せるセラピスト」を育てるために、日々、熱く教育をしております。そして、本学科は「留年生を出さない! 臨床実習と国家試験を全員合格させる!」というように、入学したときのメンバーがすべて揃って「治せるセラピスト」になれるように努力しております。みなさんを育ててくださったご両親達は、みなさんの夢を応援するために、決して安くはない学費を払ってくれます。ですから、留年すると、その分、学費が余計に必要になりますね。みなさんを応援してくれている方たちのためにも、是非とも留年せずに「治せるセラピスト」になる必要がありますね。
 
留年しないようにするために、我々は決してハードルを下げません!!ハードルを下げることは簡単ですが、このような対策では到底「治せるセラピスト」になることはできません。将来、社会に必要とされるセラピストを育てるために、本学では「できるまで勉強をしてもらいます!!」。これが本学科の大きな特長ですね。その具体的な対策としては、「寺子屋」、「中間試験」、「OSCE」、「国家試験模擬試験」、「本学附属診療所実習」などがあります。

「寺子屋」とは、いわゆる塾です。週に2日程度、放課後に開催しています。授業で理解できなかった点を補い、全員が授業についていけるように対策しています。また、試験前や試験期間中は毎日開催して、試験対策を行っています。「中間試験」や「OSCE」と呼ばれる実技試験も授業の単元が終了するごとに行っています。中間試験やOSCEの結果が芳しくなかった学生さんは補講に出席して、再試験をクリアしなければなりません。再試験もダメだった学生さんは?? 合格するまで試験は続きます。

また、本学科は1年生のときから国家試験対策をしています。昨年度の国家試験の合格率(全国の)は初めて90%を下回りました。このように国家試験の難易度も今後ますます上がることが考えられます。大学を無事に卒業しても、国家試験に合格できないと、ただの人ですからね。そんな悲しい思いをすることがないようにと、1年次から年4回の模擬試験を開催しています。これについても成績不良者は、問題に対する解説集を作成しなければなりません。

その他に、本学の敷地内には附属診療所があるため、1年生のころから臨床の現場で勉強することができます。1年生の最初であれば患者さんに「問診」させていただくところからはじまり、2年生になると、患者さんのご協力をいただいて「検査・測定」を実習させていただいています。
 

以上のような感じで、我々は日々熱く教育しています。そして、何より、この我々の思いに応えてくれる学生がいるのも本学科の最大の特長ですね。学生も大変熱いです!!本学科は2007年4月からスタートしましたので、現在はまだ2学年しかいません。この4月に新たに3期生を迎えます。1期生とは試行錯誤しながら道を切り開いて、2期生が後に続いてくれて、「治せるセラピスト」になるための轍が出来上がってきたような感を受けます。本学科はまだまだこれからですが、一緒にがんばってくれるみなさんをお待ちしております。

2009/02/13(金)

関西医療大学が他の医療系大学と違うところ

暦の上では大寒をすぎましたが、まだまだ寒い日が続きます。皆さんいかがお過ごしでしょうか 関西医療大学 保健医療学部 鍼灸学科 スポーツトレーナーコースの辻 和哉です。

関西医療大学も一般入試を迎え、多くの受験生が本学を訪れています。

受験生の中にはオープンキャンパスなどで本学を実際に見学され、受験を決めたという方もいらっしゃると思います。なぜ、そのように思うかと申しますと関西医療大学は他の大学と一味も二味も違った魅力があるからです。

『スポーツの現場が身近にある』のが大きな特色であり、他の大学と違うところです。大学にスポーツ施設があり、スポーツが身近にあるのは当たり前なのですが、関西医療大学にはプラスアルファーのエッセンスがあるのです。

地域に密着しているというところです。地域に密着しているという理由のひとつに年間40,000人を超える地域の利用者がいます。小さな子供からお年寄りまで、様々な方に利用をしていただいており、アットホームな施設なのです。

この施設を利用されている方々に対してサポートを本学のスポーツトレーナーコースの学生が行っています。様々な方が利用されていますので学生にとって日々、経験というかたちになっています。これが本当の意味の『スポーツの現場が身近にある』だと考えています。

今年の9月にはグランドの横にトレーナールームができます。よりサポートする体制がとれるようになります。また、グランドも多くの方に利用していただいた結果、グランドの損傷が予想以上に早かったので、全面張り替えの予定になっています。

学校の施設以外にスポーツ現場としてサッカー、陸上競技、野球、バレーボール、ラグビー、バスケットボール、アメリカンフットボールなどの実習の現場があります。

このような『スポーツの現場が身近にある』関西医療大学に来てみませんか
春のOpen Campus 2009 が3月31日に開催されますので、ぜひ参加してください。
関西医療大学でお待ちしております。

2009/02/06(金)

関西医療大学の東洋医療コースの特徴

寒い日が続いておりますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
関西医療大学 保健医療学部 鍼灸学科 助教の田中 仁美です。

 今回は、関西医療大学、特に保健医療学部の鍼灸学科「東洋医療コース」が他の医療系学校と違うところを紹介させていただきます。
 
Q:同じ鍼灸師の免許が取れる「専門学校」「大学」との違いは?
 A:この質問は、オープンキャンパスに参加してくださった方からもよく受けますが、大きく違う点としては、教員層の厚さがあげられます。
 
たとえば、「専門学校」との違いとしては、西洋医学系の科目も鍼灸師が担当する学校が多いところ、本学では西洋医学系は医師が担当し、専門学校より1年長くなる分、より詳しい疾患に対する知識を得ることが可能です。このことは、鍼灸治療の現場に出たときとても重要な役割をします。

患者様は、様々な医療機関を受診した時に得た検査結果や診断名、ホームページなどから得た医療情報などを山のように抱えてきます。そのような患者様に対応するとき、疾病に対する西洋医学系の情報を分析できる知識はとても大切です。
 
さらに、患者様に様々な相談を受けることが多くあります。患者様ご自身のことだけでなく、ご家族・知人の健康に関する相談などがそれに当たります。これらに適切に対応できる知識があると、患者様との信頼関係がいっそう強くなります。

これらは、もちろん治療技術があってのものです。本学は、鍼灸治療に関する実習も多く、様々な手技や方法を豊富に持った先生方から指導を受けることができます。さらに、そのなかから自分に合った治療方法を、さらに深く勉強・研修もできます。
 
最初は、鍼を打つ、灸を据える練習からですが、それを乗り越え、自分が行った治療で、患者様が良くなり、感謝された時の感動はすばらしいものです。本学は、そのために必要な知識、技術が得られるカリキュラム・教員がいる学校です。

みなさん、患者様に信頼されるすばらしい鍼灸師を目指しましょう!

このページのトップへ