ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2009年1月アーカイブ

2009/01/30(金)

受験を目指す高校生にエール


こんにちは。
関西医療大学 保健医療学部 ヘルスプロモーション整復学科で準教授をしております五十嵐純です。

受験シーズンが始まりました。皆さんは今どのように毎日を過ごしていますか?「なんていやな時を過ごしているんだろう」と悲観的に考えている人はいませんか?今日、私は「受験も悪いものではないな」って話をしてみたいと思います。

話は少し前の話になりますが、今年の正月の2日と3日、私は箱根駅伝を見ていました。今年は大阪ですごしていたため応援には行けませんでしたが、実家が神奈川県の藤沢で箱根駅伝の3区、8区の近くのため、ほとんど毎年欠かさず沿道に出て箱根駅伝の応援をしています。

ことしの優勝候補はなんと言っても前回の箱根駅伝優勝、出雲駅伝2位、大学駅伝優勝の駒澤大学です。
ところが往路、始まってみれば1区は早稲田大学、2、3区は山梨学院大学、4区はまた早稲田大学となり駒澤大学は全く優勝争いに加わってきませんでした。
しかし、早稲田大学も山梨学院大学も伝統のある強豪校。いつ優勝してもおかしくない大学なのでまあ順当かなと思ってみていました。
ところが5区箱根の山登りが終わってみると東洋大学の往路優勝。1年生の柏原君がトップの早稲田との差4分58秒差を一気に詰め逆転優勝を飾ったのでした。
いやー驚きました。「山の神」こと順天堂大学の今井正人君(現・トヨタ自動車九州)の記録を47秒も縮める快走を東洋大学の選手がするなんて思っても見ませんでした。(ちなみに私が大学時代に箱根の坂を原付バイクで登ったとき、途中でオーバーヒートしてしまい一気に登ることができなかったくらい急な坂です。)
 
次の日は復路。山下りの6区で早稲田大学が再逆転し、7区も早稲田。しかし、8区で東洋大学が再逆転し,9,10区とその順位をキープし総合初優勝を飾りました。
新聞によると東洋大学の選手は高校時代には無名選手だったそうです。それが最後まであきらめずに日々努力し、自分の力を出し切ったことで優勝の栄冠を勝ち得たとのこと。

受験生の皆さんも日々努力していることと思います。その努力は必ず自分を高めてくれます。努力した経験は将来きっと自分の財産になることでしょう。
自分の力を信じ、試験では自分の力を最大限に発揮して合格を勝ち取ってほしいと思っています。

あきらめないで下さい。合格、不合格は自分で決めるものではないのですから。

2009/01/23(金)

受験生のみなさんに エール!!

関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科教務部長の鈴木俊明です。

皆さん、こんにちは。
本学では、一般入試がスタートします。一般入試を受験されるみなさんのなかには、今年のオープンキャンパスに参加していないため学科の特徴をご存知ないかたもおられると思います。
 
本学科の特徴は、「治せるセラピストを養成する」であります。患者さんを治すことができないといけない、そのためには、きちんとした知識・技術を身につけることが大切であると考えます。また、具体的な本学科の目標は、「留年生をなくし、臨床実習・国家試験全員合格」です。留年生をなくすために、学生と教員がともに努力して、学生の学力向上のためにがんばっています。
 
本学科のカリキュラムは少し厳しいかもしれません。しかし、この努力は理学療法士となる学生自身のためであり、また将来担当させていただく患者さまのためでもあります。
 
是非、本学科で「治せるセラピスト」になるためにがんばりましょう。

今、風邪が大流行ですね。体調を万全に整えて、試験では全力を尽くしてください。
春に皆さんとお会いできることを教職員一同、楽しみにしています。


2009/01/21(水)

受験を目指す高校生にエール

1月 トレーナー写真.JPGこんにちは。関西医療大学 保健医療学部 鍼灸学科スポーツトレーナーコースの中尾 哲也です。

「○○受験」
私にとってあまりいい思い出はない。しかし、振り返ってみると、受験勉強で得たものは大学生活や大学卒業後での専門的知識や技術を得るための基礎作りであることに気付かされる。

運動力学の理解を深めるための数学や物理、運動生理学の理解を深めるための化学など。卒業して○○年経過した私においては、英語文献を調査する際には辞書を片手に読むために不可欠な基礎的英語力、報告書やメールでの情報交換を行う際の日本語文章作成力や語彙力のなさに頭を抱えている。
「高校の時もう少し勉強しておけばよかった・・・」

時々、高校の参考書など開くが、仕事をしながら集中的に国語や数学、化学や物理を勉強するのはかなり難しい。大学入学後においても専門的知識や技術を次から次へと獲得していかなければならないので同様のことが言える。

ですので、皆さんには「いやな受験勉強」と思うことなく、「自分の目指すトレーナーになるため、目指すトレーナーになるために今から勉強をして・・・。」という気持ちで乗り切ってほしい。

「目標がある限り、一生勉強である。それは苦痛でなく、喜びである。」
最後の最後まで諦めることなく、自分の目標に向かって ファイト!!


2009/01/09(金)

受験を目指す高校生にエール

あけましておめでとうございます。
関西医療大学 保健医療学部 鍼灸学科・東洋医療コースで助手をしている百合邦子です。

みなさんはどのようなお正月を過ごしていますか。または過ごされましたか。
このブログをご覧になっている学生のみなさんのなかには、
すでに進学が決まっている方々、これから決めようと勉強にうちこんでいる方々等おられることでしょう。
すでに決まっている方々は、おめでとうございます。
これからという方々は、まさにまだまだこれから、これからHappyが訪れるのです。

今、4年生達は2月の末に行われるはり・きゅう師国家試験に向けて勉強に励んでいます。
この資格を得ることにより、今まで学校で学び体験してきたことが実際の現場で活かせるようになります。まさに大いなる夢へのパスポート。みなさん方と同じく、勉強に気合いが入っていることでしょう。

さて、みなさんは東洋医学に対して各々の思いを持っていらっしゃることと思います。
今までに何らかのかたちで鍼灸に触れ、興味をもたれたのではないでしょうか。
大学で勉強するということは、先達が築いてきた東洋医学の伝統理論と西洋医学の分析理論が学べるということです。みなさんにはその理論を元に自分たちの世界観を拡げていかれる可能性があります。
 
足下を見てください。そして前を見てください。そこに何かありますか。何か見えますか。鍼灸師になろうと志したみなさんには、うっすらとでも、その道みたいなものが見えはじめていることでしょう。

 

このページのトップへ