ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2008年11月アーカイブ

2008/11/28(金)

柔道整復師になって得られる醍醐味

こんにちは。
関西医療大学 保健医療学部 ヘルスプロモーション整復学科の髙岸です。

早いもので2008年もあとひと月を残すのみとなりました。
これからどんどん寒くなっていくのでしょうね~。日本には四季がありそれぞれの季節にいいところがあるのですが皆さんはどの季節が好きですか?

さてさて、今回は柔道整復師になって得られる醍醐味についてお話したいと思います。醍醐味ってどんな意味かわかりますか?辞書(「大辞林 第二版」三省堂)によると「ほんとうの面白さ。深い味わい。神髄。」とあります。何に醍醐味を感じるかは人それぞれなので、一概には言えないと思いますが、参考にしていただけたらと思います。

柔道整復師の仕事は「骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷部位に、患者さんの苦痛を一刻も早く取り去り、損傷部位の回復を図り、早期に社会復帰させることを目的に施術を行うもの」でしたよね!
この目的を達成できた時こそまさに醍醐味を感じることができると思います。これがまた、いつも簡単にいくとは限らないのでさらにやりがいを感じる事ができるのではないでしょうか?

その上、柔道整復師は普通の病院と違い、非常に患者さんと触れ合う時間が長く、身近な存在だと思います。患者さんと触れ合う時間が長いということは、損傷を診るだけではなく患者さん全体を診る時間があるということです。いろいろな話をしていく中でその損傷の裏に隠された要因を見つけ、同じ事を繰り返さないように改善することもできるのです。

そうしない方がいいことは分かっているけれども、仕事だから止められないこともありますよね?あれもダメ!これもダメ!というだけではなく、その人の生活を保ちながら最良の方法を一緒に考えていくことができるのです。

11月 ヘルス写真①.JPG

また、たまに知識の量を試される(?)時もあります。話の中で損傷以外のことを聞かれたりして、それに答えると、「病院の先生もそう言ってたわ!」ということもあります。患者さんは悪気があるわけではなく不安なのですよね。
そのために同じ意見だと安心するし、もし違う意見でも、病院の先生を否定するのではなく、こういう考え方もあるよというような感じで説明すると納得してくれますし、信頼もされるようになります。
逆にそういう考え方もあるのだと自分の勉強になったりもします。患者さんの不安を少しでも軽減し、信頼されるようになるには不断の努力を重ねる事が必要ですが、患者さんの安心した顔を見ることができれば嬉しくなります。

まとめると、
「楽になったわぁ、ありがとう。」
ありきたりですが、患者さんに喜ばれ、感謝される時に「柔道整復師になってよかったな...」と感じる事ができると思いますよ。

11月 ヘルス写真②.JPG

2008/11/14(金)

スポーツトレーナーでしか味わえない喜び

 何に「喜び」を感じますか? 

 今回、「スポーツトレーナーでしか味わえない喜び」というテーマでお話させていただきます。関西医療大学 保健医療学部 鍼灸学科スポーツトレーナーコースの吉田隆紀です。
 
現在の若者の「仕事に対するモチベーションに関する調査」より、20~30歳の正社員は仕事での成長実感が薄く、仕事に対する社会的意義を感じられず、容易に転職を考えがちな若者が多い。また仕事の「やりがい」についても調査されており、やりがいの源泉には、報酬、自分らしさ、キャリアアップが重視されていることが挙げられています。そして働くモチベーションをお金や地位だけに頼ることは限界があるため、挑戦機会や人間関係から生み出される「やりがい」は、使えば使うほど豊かになるため仕事の意欲に重要であるとまとめられています。(NEWS PELEASE10月号より引用)
  
スポーツ現場と病院や診療所、施術所を比較すると「やりがい」の部分は、患者さんやスポーツ選手のために医療人として、自分の知識や技術を提供していくという根本は同じです。
しかし違うところはスポーツ現場であると「障害を予防できる」可能性が高いというところです。
病院などの医療現場にいると傷害を生じた患者さんに出会うことになりますが、スポーツ現場のそばにいる存在のスポーツトレーナーは、傷害をおこす前に直接現場で選手の動きをチェックし、トレーニングを指導して予防することが可能であると考えられます。

私を指導してくれた学校の先生は、スポーツトレーナーは黒子であるとお話しされていたことを今でも覚えています。黒子は舞台が何事もなく、演者たちが演技を成功するのを陰で支えます。でも成功の影にはきっと黒子の存在が欠かせません。スポーツトレーナーも試合や競技を影で支えて、選手の成功に大きく関わっているひとりであると信じています。スポーツトレーナーとしの喜びとして、関わった選手やチームと勝利を共感できることに加え、陰で選手やチームを支える充実感があるのではないでしょうか。
  
最後にいつも心に留めている言葉を紹介します。映画「男はつらいよ」の寅さんのセリフに「人生は生きいてよかったなと思える瞬間のために生きているんだ」です。そんな瞬間が仕事の「やりがい」であって自分らしい喜びであるようでありたいと思っています。
  あなたにとって自分らしい「喜び」とはどういうことでしょうか?


11月 トレーナー写真.JPG

2008/11/07(金)

鍼灸師しか味わえない喜び

これから様々な可能性を秘めた皆さん!!こんにちは!!

関西医療大学 保健医療学部 鍼灸学科 東洋医療コースで助手をしております尾家有耶です。

鍼灸師という職業でしか味わえない喜び。。。

それは自分自身が過去から今日まで勉強、経験してきたこと、指導して頂いた先生の教えをふまえ、病状を把握し自分一人で治療でき、それによって患者様の苦しそうな顔が笑顔に変わった瞬間です。患者様に、一生懸命自分なりに向き合い、自分自身が経験したことが患者様の苦しみから解放されたいニーズに応えることができた時ほど、この職業について良かったなぁと感じる瞬間はありません。

「先生!!さっきまで痛かったのに、全然痛くないわ~!ありがとうございます~!」
「いやぁ~なんでやろ~?!さっきまでここまでしか伸ばされへんかったのに、ここまで伸ばせるで~!不思議やねぇ~先生。」
「今までは睡眠薬飲んで4時間しか寝られへんかったのに、今は睡眠薬なしで6時間寝られるよ~。」
などなど。。。臨床現場でもらった私の宝物の言葉です。
また、この言葉、この言葉をもらった時の笑顔はお金には換えられない価値があります。

「ぎっくり腰になりかけてるんやけど、会社休んできましてん。先生に診てもらおうと思って。」
次回治療時「あ~助かったわ~。この前先生にしてもらったらぎっくり腰になりかけてたけど、大丈夫でしたわ~。良かったです~。」
誰かに頼りにして頂ける。。。他の職業にも共通しているところもあるとは思いますが、これも鍼灸師としてとっても嬉しい喜びです。

もちろん。。。私は神様でも魔術師でもありません。
患者様のニーズに応えられないこともあります。

でも!!
少しでも症状が良くなって欲しい。。。少しでも痛みが和らいだら。。。
いつもいつも考えている私の目標、願いであります!!
「精一杯患者様のニーズに応えられるように日々進化すること。少しでも患者様の笑顔が増えること。」
そこに鍼灸師としての生涯におけるやりがい、喜びがあると思っています。

みなさんもこんな喜び一緒に体験してみませんか??


このページのトップへ