ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2008年8月アーカイブ

2008/08/22(金)

ヘルスプロモーション整復学科が目指すところ.

関西医療大学 ヘルスプロモーション整復学科 教務部長の武田 大輔です。

ヘルスプロモーション整復という一風変わった名前の学科ですが、この名称には、この学科が目指す内容がギュッ濃縮されて含まれています。

最近は、医療崩壊という言葉があちこちで聞こえてきます。
医師不足や将来の医療費の不足などで、将来的には、今まで通りの十分な医療が受けられなくなってくる可能性があります。

ドラマでもテーマに上がるくらいのものです。

結局のところ、私たちの受ける医療が、この先どうなるか?は分りませんが、
確実なことは、できるだけ大きな病気にならない生き方が求められているのだと思います。
大きな病気にならなければ高額な医療を受ける必要もなくなってくるのです。

ヘルスプロモーションという言葉の中には、トータル的に心地よく生きていきましょう!という意味が含まれています。

そこで、この学科ではスポーツなどで身体を動かすことにより、できるだけ病気にならないようにする為の運動の仕方を指導することでヘルスプロモーションの役割の一部を果たせる人材の育成を目指します。

このようなことに応えるために、ヘルスプロモーション整復学科のカリキュラムには、スポーツ・運動などの多くの知識や実践ができる科目があり、これらを受講して「スポーツプログラマー」や「健康運動実践指導者」になり、適切な運動指導ができるようになることを目指します。

しかし、ただ単に運動指導ができるということでは十分ではありません!

スポーツ・運動指導時にはネンザや筋肉の痛みなどがよく起こったりするのです、

そこで、ネンザなどのケガにその場で対応ができることも必要となってきます。そのためには、医療系の資格が必要になってきます。そこで、ヘルスプロモーション整復の整復という文字に表わされているところの「柔道整復師」の技術と資格が得られるようにし、その場で応急処置ができるようにします。
(柔道整復師の仕事内容については次回のブログに記述します。)
このような知識・技術・理論をもって町の人々と直接関わり合い、人々を元気づけられるやさしく・強く・元気にあふれたプロフェッショナルを育てるのがヘルスプロモーション整復学科の目指すところです。


2008年スタートしたヘルスプロモーション整復学科では、やる気と情熱そして優しさを持った1年生が、プロを目指し非常に元気に頑張っています。本学校舎の3号館3Fにある、ヘルスプロモーション整復学科教員室(HP教員室)には、毎日のように学生が講義の質問や講義以外でのいろいろ相談にやってきており、教員も全員で、楽しくそして真剣に相談に答えています。

8月ヘルス写真.JPG


2008/08/18(月)

理学療法学科が目指す医療 ―全ては患者様の笑顔と未来のために

みなさん、こんにちは 理学療法学科 教務部長の鈴木俊明です。

最近、医療を題材にしたドラマが沢山放映されています。救急医療の現場で医師、看護師の方々が華やかに活躍されている場面を見ると、いつも考えることがあります。

医療現場では患者様を治して当たり前であるにも関わらず、私達の理学療法の現場では「これ以上悪くならないように現状維持を目標にしましょう」と平気な顔で患者様に話をする理学療法士が数多くいます。

もし、貴方が手足に障害をもった患者様で担当の理学療法士の先生がそのような話をされたらどのような気持ちになりますか? 
私でしたら、精神的に落ち込むでしょうね。リハビリテーションの部屋の真ん中で「私の身体を治してくれる先生はいないのですか?」と叫んでしまうかもしれません。

「障害は完全には治らない」が常識のように考えられている現在、本学はその常識を打ち破ります。患者様を完全に近い回復を目指し、患者様を幸せにする理学療法という医療を提供できる人材を育成します。
 
本学が理想とする「治せるセラピスト」を沢山育てることができれば、理学療法士が主人公になるドラマが製作されるかもしれませんね。そうなれば、素晴らしいですね。
 
理学療法学科は教員全員で「治せるセラピスト」を養成するという同じコンセプトをもって熱く教育していきます。このコンセプトが実現することは、将来、理学療法士になる本学学生の未来のためですが、究極は患者様の笑顔と見るため、患者様の未来を明るく幸せにするためになるわけです。
 
私達の夢は必ず現実します。

これこそが、本学理学療法学科が目指す医療、理学療法です。

2008/08/11(月)

関西医療大学 鍼灸学科スポーツトレーナーコースが目指す医療


関西医療大学 鍼灸学科 スポーツトレーナーコースの中尾 哲也です。

関西医療大学 鍼灸学科 スポーツトレーナーコースでは、本学の他の学科・コースと同様に実習に力を入れたカリキュラムを準備しています。学生間でしっかり様々な技術を身につけることだけでなく、身につけた技術を本学の人工芝グラウンドや学外競技大会などで実践しています。  
本学の人工芝グラウンドでは本学サッカー部や地域スポーツクラブの選手、学外では競技大会における参加選手やチームに協力をいただいています。現場実習では、学生が日本体育協会公認スポーツドクター、アスレティックトレーナーの指導のもと受傷時の応急処置やその後の処置の指導、ウォーミングアップやクーリングダウン、個々の選手に応じたテーピングやアスレティックリハビリテーション、定期的な体力測定やメディカルチェックなどを実施しています。
鍼灸師とアスレティックトレーナーの合格を目指すことだけでなく、現在の「スポーツ現場で求められる、社会で通用する」アスレティックトレーナーの養成を目指しています。
好きなことなら頑張れる!!学生と職員が一丸となって頑張っています。皆さんもぜひ仲間に入ってくださり、一緒に頑張りましょう。

2008/08/01(金)

鍼灸学科が目指す医療

私は、鍼灸学科東洋医療コースで教務部長を務めます楳田高士と申します。
今回は関西医療大学鍼灸学科について説明させていただきます。

鍼灸学科は東洋医療とスポーツトレーナーの2つのコースがあります。東洋医療コースでは「自然治癒力を高める東洋医学の真髄を修めながら、現代医学に立脚した幅広い知識を併せ持つ、元気な鍼灸師」を育成し、スポーツトレーナーコースでは「現場で人として選手とともに努力し、喜び、時には悔しがり、また、医療人として意識の高さを兼ね備えた鍼灸師の資格を持つ、元気なスポーツトレーナー」を育成しています。
どちらのコースも卒業時に鍼灸師の国家試験を受け、鍼灸師になるわけですが、鍼灸治療は人が持っている自然治癒力を高め、未病から難病まで多くの疾患の治療とケアに用いられています。現在、医療のなかで注目され、いまや地球規模に広がる代替医療*の代表となっています。
鍼灸治療は患者さんとのコミュニケーションを通して、心身に触れ、苦痛を和らげるために「ツボ」とよばれる場所に、鍼や灸を行います。鍼灸治療に必要な技術を高めるため、鍼灸の基礎から専門的な手技を用いる治療法まで、4年間に多くの時間をかけて実習します。特に、東洋医療コースでは患者さんを前にした附属診療所・附属治療所での実習やインターンシップ実習(開業されている鍼灸院での実習)に力を注いでいます。
私の専門領域は安全管理・感染管理学です。医療は安全の上に行われる行為であることはいうまでもありません。鍼灸にも有害事象があり、過誤も起きます。最新の知識を提供し、より安全な鍼灸治療ができることを目指しています。
なお、東洋医療コースでは、これからの健康に果たす鍼灸師の役割を考えて「健康運動実践指導者」の資格を、トレーナーコースでは「アスレチックトレーナー」の資格をも取得できるようにカリキュラムを作成しており、受験に備えています。
次世代の医学は東西融合の統合医学**と考えます。「地域の人々の健康と医療に貢献できる、また世界に向かって飛び出せる」鍼灸師を目指してみませんか。
*代替医療:西洋医学による医療の代わりに用いられる医療
**統合医学:西洋医学による医療と代替医療をあわせ患者を治療する医学
8月東洋写真.JPG

ブラジルの鍼灸師も研修に来ています↑
写真の女性はJICA研修生 クボエリカ バーホスさん 右 私、楳田高士

このページのトップへ