ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[全学科]

2008年6月アーカイブ

2008/06/27(金)

人生をかける自分の役割、探していますか?(ヘルスプロモーション整復学科)

みなさん、こんにちは。
私は、関西医療大学 保健医療学部 ヘルスプロモーション整復学科の武田です。

「人生に自分の役割が本当にあるのだろうか?」

18歳にもなってくると脳も構造・機能的に完成形に近づき、このような疑問を哲学的に考え出すようになってくると思われます。

この様な時期に自分の役割ということを突き詰めていくと最終的には、人が居るから自分の存在する意味があるというところに自分の何かしらの役割が感じられるようになってくるのではないでしょうか。

確か、ドラえもんという漫画の中で、嫌な人や嫌いなものを願っただけで消滅させることができるという話があったと思います。

この話の中でも最終的には、一人ぼっちになった主人公が"嫌いな人が居ても嫌いなものがあっても良いから元に戻して欲しい"と願うというストーリーだったと思います。

つまり、人と人の間にあって人間と書くことからも人は人と関わることでしか、自分という者の存在や役割の確認ができないということではないでしょうか?

表題の「人生をかける自分の役割」ですが、もちろん自分で「この様にするぞ!あの様にするぞ!」と決めることはできると思います。
しかし、これに伴う結果は、全部自分の思いだけでは決められません。

なぜかというと、自分という人の周りに他者という人が居るからです。自分が完全に決めたことでも、回りの人の動きによって変わってくるし、自分自身も過ぎていく時間の中で成長していくでしょうし、時代時代に考え方も変われば、出会う人によって自分の考え方も行動も変わってくる可能性が高いからです。

時代時代の考え方も、どこかの誰かが、もしくは複数の人々が意識的もしくは無意識的に考え方を創っていくということで産まれてくるもので、結局は、人と人の間で全ての流れが作られていくのではないでしょうか。

ところで、人と人の間で生きていくことを実践するためには必ず仕事をしないといけません。
その仕事なのですが、どんな仕事でも、もともとは人からの要求があって出来てきたはずです。つまり、自分の周りの人に喜んでもらうのが仕事だと思います。

仕事とは働くことで働くとは、傍(はた、すぐ隣にいる人)を楽にすることが傍楽(働く)と言えるのではないでしょうか。

関西医療大学にある医療系の教育の先には、ダイレクトに患者さんに接することができ、しかも患者さんを楽にし、喜んでもらえ、そして患者さんを元気づけることのできる自分自身を嬉しく思えるそんな未来のみなさんの姿があると思います。

自分の将来の役割を見つけられない、決められない人は周りとの関わりの中で傍を楽にするにはどうしたら良いかといった観点で将来の役割を見つけてみるという方法もありますよ!!


6月ヘルス.jpg

2008/06/20(金)

人生を賭ける自分の役割、探してますか?(理学療法学科)

みなさん、こんにちは。

私は、関西医療大学・理学療法学科の鈴木俊明です。

大学は、みなさんの将来への夢を実現させるところです。本学理学療法学科に入学すると全員、理学療法士を目指します。そのため、理学療法学科を志望するみなさんは、どこの大学を選ぶかを考える前に本当に理学療法士になりたいかをもう一度考えて欲しいと思います。

理学療法士はリハビリテーション関連職種のひとつであり、「起き上がる」、「寝返る」、「立ちあがる」、「歩く」などの私たちが必ずおこなう動作(基本動作といわれます)の改善に関与します。理学療法士が治療させていただく患者さんは身体に障害をもたれている身体障害者といわれている方です。通常、「身体障害は完全には治らない」といわれているために、多くの理学療法士は患者さんが障害をもちながら自立できるように支援します。しかし患者さんは、「元の姿にもどりたい」「なんでも自由にできるようになりたい」と思っていることが多いわけです。

そこで、本学理学療法学科は「治せるセラピスト」を養成します。要するに患者さんの障害を理学療法で解決し、患者さんの動きが正常に近い状態まで治すことを目標としています。

みなさんはどんな理学療法士になりたいですか。「治せるセラピスト」になって、患者さんを幸せにすることができれば、みなさんも幸せになることができるのではないでしょうか。

「治せるセラピスト」があなたの人生を賭ける役割・・・一緒に頑張りませんか。

2008/06/17(火)

人生を賭ける自分の役割、探してますか?(スポーツトレーナーコース)

みなさん、こんにちは。
私は、関西医療大学・鍼灸学科スポーツトレーナーコースの増田研一です。

若い皆さんがいきなり「人生を賭ける自分の役割」と言われてもとまどうかも知れませんが、大学に進学する最も大きい目的として実はこれこそを4年間かけて見いだすことではないか・・・、私はそう思います。

となると自分が純粋に興味を持ち得る対象、それと将来の職業ができるだけ大きく重なる領域を早くから『発見』することは大変重要であると考えます。

多くの人の気持ちの中で『スポーツ』という言葉はその対象になっていくことが可能ではないでしょうか。言い換えれば本学のような医療系の大学という『出口』の選択範囲が比較的限定されている教育機関では、『スポーツ医療』『スポーツ医学』『アスレティックトレーナー』というキーワードが非常に生きてくるはずです。

入学の際に皆さんが熱く保有しているスポーツへの興味やアスレティックトレーナーへのモチベーションが即座に自分へ跳ね返ってくるソフト・ハードが本学にはあります。すなわち多くの人間が共有できるスポーツへの価値観が毎日実感できる『現場』が本学にはあります。

もちろん勝負の世界につきものの厳しさ・悔しさを痛く感じる場合もあると思います。しかしその経験こそが次のステップとしての知識・技術を我がものにする何よりも強い契機になるはずだと確信しています。

『スポーツの現場に於けるメディカルの闘いの場に身を置く』、それは入学してから以降の人生を賭けるにふさわしい、そんな領域であると思います。


6月トレーナー.jpg

2008/06/06(金)

本当の幸福を求めて!

みなさん、こんにちは!

私は関西医療大学・鍼灸学科に勤める教員の山本博司と申します。
今回は主に高校生の皆さんに私の考える東洋医学と関西医療大学についてお話をさせていただきたいと思います。

私が薬学の世界から鍼灸の世界に入ったのは鍼灸の不思議な治療効果と東洋の人生観が好きだったからです。
この世界に入ってすぐの20代の頃は人生観よりも鍼灸治療に対する興味が上回っていました。
しかし、今では鍼灸治療と人生観とは切っても切れない深い関係にあると考えるようになりました。

無論、東洋だけが優れているのではありませんし、東洋、西洋と区別するのもよくありませんが、ここではあくまで特徴を述べたいので便宜上このように表現しています。

そのことを理解して頂いた上で、東洋の人生観を簡単に説明します。

東洋では、人間には2つの魂があると考えています。
一つはこの社会の中で逞しく生きていくための「自分という魂」、もう一つは、人類の一人一人が共通に持つ「無私の魂」です。

このバランスがとれていないと本当に優れた人間ではない、本当に人として生まれた価値がないと偉大な先達が説いているように思います。

医療の世界では特にこの考え方が重視され、その基本精神を「医は仁術なり」という言葉で表現されることが多いのです。

自分が大切な存在であるように、人も同じくらい大切な存在であるという考え方であり、社会で働くということはまさにこの精神を発揮することだというのです。

皆さんは、これからこの社会でやりがいを持って働くために、さらなる知識と技術を身につけていかれるでしょう。

その選択肢の一つが大学進学だと思います。
そこで、関西医療大学のことを知って頂きたいのです。

関西医療大学は決して大きな大学ではありませんが、自慢できるのは建学の精神です。

「社会に役立つ道に生き抜く奉仕の精神」

創立以来、この精神を持ち続けて運営されています。
単に医療・学問を教えるだけの場ではなく、その医療・学問を正しく生かす道を示しながら教育を行っています。
世の中がどのように変わっても、この考え方こそ、教育の大原則だと考えているからです。

大学の母体である関西医療学園は創立50年、まだまだ歴史の浅い学校ですが、この精神がある限り、着実に社会と共存していくでしょう。

また、大学周辺は自然に囲まれて、勉学をするには相応しい環境です。
是非、一度関西医療大学に見学に来てみませんか。

特にオープンキャンパスではミニ講義や実習体験などのイベントを行っていますので、関西医療大学の良さを理解して頂けると思います。

皆さんがいらっしゃるのを楽しみにお待ちしています。
6月東洋.JPG

このページのトップへ